生きていくってこと: 2013年4月 Archives

ショットバー『82』
このところ、いろいろ事情があり、あまりワインを飲んでない。

2週に1回くらいお客様と会食時に飲むか、後は週末に自宅で飲むかで、平日、ワインバーにはほとんど行けてない。

寂しいな〜 ナイショのバーにもほとんどイケてないしね。

で、どうしてるかと言うと、このところ週の大半を帰路の乗換駅の五反田で過ごしてる。ワンコインで飲めるようなショットバーでサッカー中継観ながら軽くつまんで、その後、ラーメン食べたりしてる。

ブルイックラディ蒸留所 ボタニスト ジンリッキー ショットバー『82』
今宵のショットバー『82』、なぜだかわからないけど、写真がとっても幻想的!

最初の1杯は、アイラ島の名門ブルイックラディ蒸留所で造られるプレミアムなジン、ボタニストジンリッキー。一気に喉の渇きを癒す。

このボタニストで造られたジンリッキー、なぜか素敵な光が差し込んでいる。これだけで美味そうだよね〜

ブルイックラディ蒸留所アイラ島でも最西端に位置してる。つまりはスコッチウイスキーの中でも一番西で造られてるってこと。

ちなみに、ブルイックラディとはゲール語で「海辺の丘の斜面」という意味だそうだ。写真の通りのとっても素敵な蒸留所です。

ブルイックラディ蒸留所

キャンベルタウン スプリングバンク ショットバー『82』
シメにもう1杯、幻想的な写真が撮れた!


こちらの写真も素敵な光が差し込んできてる。明日の朝起きたら、何か良いことあるかな〜〜

そんな写真に喜んでワンコインバーを後にします。

こんな夕飯もいいものさ!

でもその後が悪かった、、、


以下の写真の通り、応援してる現役のミュージシャンが雇われ店長してるラーメン屋に入っちゃいました、、このショットバーの真向かいなので、ついつい、ね!

真夜中にダメじゃんか、、それもゼロから飲み直しな感じで、、
猛反省(>_<)

かづ屋
ネイティブ・サン コースト・トゥ・コースト〜ライブ・イン・USA
今夜はワインの前にまずはジャズ!

僕の青春時代の一コマを飾るジャズ、大好きなネイティブ・サン

僕がジャズにハマるきっかけの一つとなったジャズ、そう、それがネイティブ・サン。

こんな彼らが満を持してアメリカに乗り込んだライブ盤がこれ『コースト・トゥ・コースト〜ライブ・イン・USA』!

ネイティブ・サン コースト・トゥ・コースト〜ライブ・イン・USA ベイクド・ポテト ボトムライン The Bottom Line

時は僕が大学に入学した年、1980年、その9月17日にロサンゼルスのベイクド・ポテト、9月21日、22日がニューヨークのボトムラインThe Bottom Line)。

ベイクド・ポテトは2010年初頭、LAのパートナーに連れてってもらった素敵な場所リー・リトナーが育った場所としても有名。

Baked Potato

ボトムラインはまさに9.11のど真ん中に位置し、その影響もあって2004年に幕を閉じた名門のライブハウス。

ボトムライン The Bottom Line

カレラ REED 1998
何とも熱いライブです! 思わず聴いてる方が汗をかいてくる感じ。

サバンナ・ホットラインでの大出元信のソロがメチャ熱い!!

最後のスーパー・サファリも時空間を駆け抜けていくかのような演奏。


いや〜、素晴らしいライブです。


そんな熱いネイティブ・サンのライブ盤を聴きながら飲むワインは、カリフォルニアのロマネ・コンティこと、カレラ! 畑はREEDの1998年。もう15年の熟成。

カレラ REED 1998

REEDは最高級畑のジェンセンのすぐ北側にある。味わいは、もう完璧なまでのブルゴーニュ。これをカリフォルニアとはどんなソムリエでも当てることは出来ないと思う。それほどの完璧な”作品”。

熱いジャズライブと素敵なカレラ、何とも粋な夜だな〜
子供たちのピアノの発表会があった。次女が何とも凄い! この演奏に言葉は要らない。写真からも伝わると思うけど、鬼気迫る演奏。曲はショパンスケルツォ2番。

片山美夏 ショパン スケルツォ

片山美夏 ショパン スケルツォ

芸術点満点!

片山美夏 ショパン スケルツォ

片山美夏 ショパン スケルツォ

もちろん長女も頑張った。こちらは一気に弾き倒した感じの疾走感。英雄ポロネーズを頭から飛ばしに飛ばし、そして駆け抜けた。

片山絵里 英雄ポロネーズ

片山絵里 片山美夏 カプースチン シンフォニエッタ Op.49
最後に二人の連弾で、ウクライナ出身の現代作曲家カプースチンの『シンフォニエッタ Op.49』。

こちらも実の姉妹ならではの息の合った演奏。

次女→長女→連弾でトリとなりました。

蛙の子は蛙だね〜 僕の祖母は東京芸大のピアノ科、祖父の弟は国立音大のピアノ科、母も国立音大のピアノ科、僕は音大は出てないしポップス系だけど17歳でプロのミュージシャンになった。そんな血を受け継いだのかな〜

二人とも、素晴らしかったよ!!
アヴァンティス AVANTIS 啓翁桜
今夜はちょっと祝い事。

次女が中高一貫校ではあるものの、一応は中学卒業の証に数日前に卒業式があった。卒業祝いに桜の枝のプレゼント!

啓翁桜というプレミアム物の桜の枝をプレゼント用にしたセットが売ってた。つぼみがたくさんあり、まだまだ家の中で咲くって!

何とも粋なプレゼント商材。恵比寿駅前の日比谷花壇で売ってました。

この啓翁桜に合わせるワインは、何となく色を合わせ、ギリシャのロゼ、『アヴァンティスAVANTIS)』。シラーとグルナッシュから造られる実に本格的なロゼ。

旨味がたっぷりと詰まっていて、それでいて濃過ぎずさらっと受け流すかのような柔らかさがあり、とても魅力的なワイン。

この一族は醸造開始自体は1994年と最近のようだけど、何と1830年から代々ブドウを栽培してるとか。

そして醸造所は1936年建立の農家をそのまま使ってるらしい。

チック・コリア ライブ・アンダー・ザ・スカイ 1979 アヴァンティス AVANTIS

チック・コリア ライブ・アンダー・ザ・スカイ 1979 アル・ディメオラ
さ、この素敵な啓翁桜とアヴァンティスのロゼに合うジャズは、僕の通っていて高校のすぐそばの田園コロシアムで行われた1979年のジャズライブ、ライブ・アンダー・ザ・スカイ 1979」の「チック・コリア・ナイト」のライブアルバム

これはFMで流したものを誰かがCD化したもの。たぶんいわゆる海賊版です。

高校の屋上から聞こえる演奏に狂喜乱舞し、そしてFMの中継をエアチェックし(エアチェックって言葉がもはや死語?)、カセットに録音したことを想い出す。

ミッシェル・クーブレイ PL
1曲目のチック・コリアと超絶技巧ギタリスト、アル・ディ・メオラのアドリブ合戦が壮絶な「Night Street」が、もう凄まじく圧巻!

チック・コリアミニムーグがギターのように炸裂する様は凄まじい。それをマシンガンのように追いかけるアル・ディ・メオラな世界は、もうこの世の物とは思えない。

1979年7月27日、この曲に完全に僕は頭をヤラレた。ジャズに狂ってしまうトリガーともなったライブ。

海賊版とは言え、ともかく手に入って良かった〜〜 10年くらい前までカセットテープに録音していたものが残ってたんだけど、いつのまにやら無くなってしまったので、ほんと、感動です!

アヴァンティス AVANTIS 啓翁桜
チック・コリアの感動の余韻に浸る食後酒は、ブルゴーニュの鬼才、ミッシェル・クーブレイが造るシェリー酒「PL」。スペイン・ヘレスの街で熟成させてないので公式にはシェリーとは呼べないんだけど、シェリーでいうところのアモンティリャード。

実に色気、艶気のある”作品”。

そして今夜は次女の卒業祝いなので、デザートまで桜な感じ。

今夜はギリシャのロゼ『アヴァンティスAVANTIS)』とチック・コリアの熱演に熱くなった夜です。