生きていくってこと: 2010年8月 Archives

シリコンバレー カルトレイン
またまた渡米した。今回はいつもにも増してさらに強行軍。

サンフランシスコに泊まり、そこから早朝出発してシリコンバレーに向かう。

行きは現地関係者の車。帰りは初めてのカルトレインという列車で戻ってきた。東京ー小田原くらいの距離はある。

アップル本社 クパティーノ
行き先はアップル本社。昼に社員食堂でランチをしていたら、何と真横にスティーブ・ジョブス! 僕が手打ち蕎麦に並んでたら、僕の30cmくらい真横でスティーブは鮨をオーダーしてた。感動です!

翌日も早起きし、飛行機に乗ってオレンジカウンティへ。米国内の出張です。ふう〜 1時間半のフライトなので、日本で言えば東京ー福岡って感じかな。夜はまたサンフランシスコ市内に戻ってきました。

そんな強行軍、かつ毎晩外人と接待の会食続きでしたが、唯一の楽しみは現地でしか飲めないワイン。今回の旅で一番印象に残ってるのがこのエデュケイテッド・ゲスEducated Guess)という謎のワイン。分子記号がエチケットに書いてある。なんじゃこりゃ!?!?

エデュケイテッド・ゲス Educated Guess
帰国後に調べてみるとナパのレアなワイナリーで、エデュケイテッド・ゲスという単語は”経験による推測”と訳すそうだ。たぶん慣用句だね。英訳ソフトでもそう出てきた。

セパージュは

 カベルネソーヴィニヨン85%
(85% ラザフォードとセントヘレナ、15% ヨントヴィルとオークノル、カリストガ)
 カベルネフラン7%
 メルロー6%
 プチヴェルドー2%

というボルドーブレンド。とっても深い味わい。

色は濃く、完全に夜のワイン。動か静と言われると、やや静な感じ。骨格が太く、複雑さに満ちている。

何とも素敵なワインに出会えました。カリフォルニアはワイン天国だな〜

サンフランシスコ ノブヒル
PS. 創業時に1ヶ月くらいサンフランシスコに部屋を借りてビジネス創造に挑戦していた時期があるんだけど、その時のアパートと思われるところを歩いていて発見! 懐かしいな〜
信頼しているベンチャー企業のトップとサンフランシスコで会食した。彼はサンフランシスコとロサンゼルスのちょうど真ん中辺り、サンルイス・オビスポに住んでる。そう、ワインの産地として有名なサンルイス・オビスポです。先月はロサンゼルスに来てくれて、会議室を借りて議論をし、そしてディナーをした。

コッポラ ルビコン CASK
今月はサンフランシスコへ来てくれた。僕らと同じホテルへ泊まる。みっちりとお互いの将来のビジョンやこれからのビジネスを語り、そしてディナーへ。

いろいろナーバスな話題がたくさんある。1つずつ乗り越えていかねばならない。後戻り出来ないビジネスへの契りの想いを込め、ワインはコッポラルビコンCASKにした。

The Waterfront Restaurant コッポラ ルビコン CASK
そうルビコン川を渡るとは、ローマ時代にジュリアス・シーザーの進軍に際して使われた言葉。運命を決め後戻りのできないような重大な決断と行動をすることの表しとして使われる言葉。

我々のビジネスもいろいろな意味で正念場。同士とルビコン川を渡る。そんなディナーは素敵な海沿いのレストラン『The Waterfront Restaurant』。ハーバーの灯りが美しい。

素敵なビジネス仲間と素敵な料理とワイン、そして素敵な夜景で議論もはずんだ夜でした。

サンフランシスコの夜
PS. その後がちょっと.... ホテルに戻ったら、彼がもう少しワインバーで飲もうと言う。バーに入ってグラスでワインを飲んでたら、今からまたボトルで開けると言い出す。明日は早起きしてシリコンバレーに行かないとならない。飲み過ぎはダメだよね〜と思いつつ、彼はあっという間にワインを選び、開けちゃった! ほら、写真を見ても行く気満々でしょ! 酔っぱらってて何を開けたか覚えてない...
レガシー LEGACY ストーンストリート
皆さん、ソノマの銘酒、レガシーLEGACY)を知ってますか?

僕は米国出張中に知る機会があってある時期、まとめて1997年を調達した。久々に開けちゃいました! 残りはわずかにあと2本。

ソノマの大手ワイナリー、ケンダル・ジャクソン・グループの中でも最高のランクに位置するワイナリー『ストーンストリート』がリリースするトップ・キュヴェがこのレガシー。アレクサンダー・ヴァレー産の逸品です。日本には輸入されてないような感じだな〜

ストーンストリート
しっかりとした深みのあるボルドーブレンド。裏面のエチケットによれば、カベルネ・ソーヴィニヨン 56%、メルロー 27%、カベルネ・フラン 17%。もうこりゃ美味過ぎる!!

動か静かと言われれば、たぶん静のワイン。森の奥深く、ひんやりとした湖畔で紺碧の空を眺めながら飲むワイン。ユーカリやミントの香りが心地よい。

このワイン、たぶん普通の人じゃアメリカのワインとは当らない。ボルドーの銘酒と区別するのは難しい。

レガシーとは『遺産』とか『伝承』という意味。現オーナーが父上に敬意を表して付けたとも言われるが、古き良きボルドーの遺産を伝承したという意味にも取れる。

スバル レガシー ランカスター6
ちなみに僕は1988年以降、車はずっとスバルレガシーです。これまた硬派な世界。好きな人は何台でも乗り続ける。僕も今ので4台目のレガシー。今乗ってるのは、今は無き6気筒のランカスターというシリーズです。大のお気に入りでもう7〜8年乗ってる。

人も仕事も食材もワインもそして人生そのものもみな、過去の遺産と伝承の上に成り立ってる。13年の時を経た最高のワインを飲みながら、自分のこれまでの人生を想い起こし、そしていろいろと考える夜です。

そしてこのレガシーを買い付けた頃のイケイケの自分を想い起こし、これまたいろいろ想う夜です。まさにシリコンバレーを舞台に活躍してた頃だ...

さ、ここからもう一花、ググッと咲かせるぞ!

おもしろきこともなき世を面白く』(高杉晋作
またまた武千代です! ここは野菜とお肴が中心ゆえ、とってもヘルシー。連日来てもいいな〜〜

今夜の連れは、業績がシンドイ中、当社随一の元気印の男です。Twitterで元気よく”ドスコイ!”と気合いを入れてる姿が力強い。彼にあやかって僕もドスコイと気合いを入れてみる。

アルト・アディジェ トラミン フライシンガー FREISINGER
そんな夜のお相手は、さすが山川さん、夏っぽい素敵なワインを選んだ。北イタリア、アルト・アディジェトラミンというワイナリーのトップキュヴェ『フライシンガー FREISINGER) 2007』。

アルト・アディジェという地域は白ワインの方が有名。ゲヴュルツトラミネールってライチや金木犀のような香りのする素敵なブドウがあるけど、このGewurztraminerの真ん中に”tramin”ってあるでしょ!

このワイナリーの名前はまさにこのゲヴュルツトラミネールの文字から来てるらしい。トラミンという街があり、それこそがゲヴュルツトラミネールの原産地だって!

ゲヴュルツトラミネールの原産地トラミンの街で造られるトラミンというワイナリー(実際には地元の協同組合らしい)。そのトップキュヴェのフライシンガーは、北イタリアとは思えない夏向きの爽やかな逸品。ボジョレーなどに近い感じかな。ブドウはネットで見たらスキアーヴァ種という地ブドウ。

岩牡蠣などの夏のお料理と、そして夏向きの爽やかなワインで仕事の疲れを癒し、そしてドスコイ大将からエネルギーをもらった夜です。
このエチケット、不思議でしょ! イースター島モアイ像をモチーフにしたエチケットのチリワイン『LOS DIOS "THE ISLAND" RED』。

LOS DIOS MISIONES MAIPO
エチケットも不思議なら、裏面の記述も超不思議。

Cellaring: Best enjoyed within 12 months of purchase.

だって! 買ったら12ヶ月以内に飲めとの事。こりゃ不思議。ボジョレーじゃないんだし。

この記述から、微発砲の新酒系かと想像したんだけど、開けてビックリ、まったく違う。ローヌ南部やラングドックなどのグルナッシュを中心とした果実の凝縮感の高いワインの味わい。度数はやや軽めの12.5%。

もちろん日本の楽天とかには出てないし、英語のサイトでも見つからない。google.clでチリの検索サイトに入っても醸造元にはリーチ出来ない。裏面に書かれた住所からするとマイポ・ヴァレー辺り。

エチケットに"THE ISLAND" REDと書かれてるのがまた興味をそそる。イースター島をリスペクトしたワインなのか!?

何とも謎ですが、このイースター島モアイ像のワインはエチケット同様、深い太古の世界を感じさせる。

ワインの旨味と広がりで、見果てぬイースター島を想う夜です。