生きていくってこと: 2010年6月 Archives

今夜はサンタバーバラの銘酒、リンコート(LinCourt)を開けた。2000年。もう10年熟成だ。

リンコート LinCourt
たぶん今はもう日本に入ってきてないリンコート、実はこの地の銘酒フォーリーと兄弟ワインらしい。どちらも同じウィリアム・フォーリー氏が立ち上げた小さなブティック・ワイナリー。

そのフォーリーは、たった1本しかない2000年を昨夏に飲んじゃった。実にサンタバーバラらしい小悪魔的なワインだったけど、今夜のリンコートもやはり同じ系統で、ちょっと小猾い小悪魔的女性のイメージ。

フランボワーズ等の赤系のベリーの香りがして、そしてほのかな誘惑香。ちょっとヨレってきちゃいます。

Kris Curran リンコート LinCourt
あ、誘惑香と言えば、このワインのワインメーカ、写真の妖艶な女性、Kris Curranです。彼女の個性がそのまま乗り移ったかのようなワインだな〜

フォーリーにしてもこのリンコートにしても、2000年代中盤に買い付けてセラーに寝かせたワイン。上場直後でイケイケだった時代だな〜

時代は変わり、緻密にかつ迅速に動かないとどんな会社だって時代に飲み込まれてしまう、そんな激動の時代に突入した。あの頃は一芸に秀でてさえいれば、勢いで時代を生き抜くことが出来た。時は移り時代も移ったね〜

セラーのワインを開けるたびに、そのワインをセラーに入れた時代を想い出す。そしてそのワインが生まれた年を想う。それがワインの楽しみでもあり、そしてそれがまた、たまに人をメランコリーな気分にさせる由縁でもある。

深い想いを抱きながらリンコートに酔う夜です。
ロサンゼルス ベンチャー企業 CEO
今週はヘビーでした。ロサンゼルスの取引先ベンチャー企業のCEOが来日した。3日3晩、フルアテンドです。初日の夜は打合せの後に鮨、2日目は客先周りをしながら昼は陳健一麻婆豆腐、夜は鉄板焼き、3日目の夜は天ぷらと、That's Japan!という感じで食べていただきました。

そしてビジネスは大きく進んだ。そういう意味ではとっても充実した3日間でした。

でも、何と彼はアルコールを一滴も飲まない。ノンベーな僕にはツラい夜です。特に鉄板焼きの霜が入ったお肉はワインがないと油が強く厳しい。ふう〜

ナイショのバー ジントニック ヴーヴレイ ベリンジャー ヴェスパー ボンド・マティーニ
そんな夜、なんと週に2日もいつものナイショのバーに寄っちゃった。ここは最高のストレス解消の場。

ノンアルコールでヘビーに食べて少しもたれたを胃をジントニックで刺激し、英語漬けで疲れた脳と心をワインで労り、そしてシメにヴェスパーボンド・マティーニ飲んじゃったりして、とっても素敵な夜を過ごしストレスを解消しました。

あ、おまけに両日ともに、わがまま言って新しいワインをグラス用に開けてもらっちゃった!

CEO君もナイスガイだったし、そしてナイショのバー、最高!
金曜日にサンフランシスコを発つはずが、交渉の残件が残り1日滞在を延ばした。

日中、米国勢と諸々の折衝をし、そして夜になれば日本がゴールデンタイム! 結局夕飯に出れるのは22時半。う〜ん、さすがにこの時間になるともう開いてる店は限られる。

BIN 55
今夜は泊まってるホテルの1階にあるワインバー「BIN 55」で夕飯にした。ここはカリフォルニアワインが55種類もグラスで開いてる。渡米以来、毎日覗いてたんだけど、いつも混んでいて入れなかった。今夜はすいてる。

前菜プレートってのがあって、これが中々イケてる。オリーブ、アンティチョーク、チーズ、ハムなど、ワインに合うものがいっぱい!

そして、一人で寂しく飲んでたら、Twitter上で僕を発見した近くに泊まってる取引先の若者が、なんと23時過ぎだって言うのにわざわざワインバーまで訪ねてきてくれた。渡米最後の夜、活きのいい若者と酌み交わすワインは最高!

渡米最終日は素敵な夜となりました。初日にブルーな出来事があったけど、でも成果はいろいろあったし、実にいい旅だった!

カリフォルニアの底抜けに青い空に乾杯!
渡米4日目、木曜の夜はアップル恒例のビアパーティー。カリフォルニアの夕方はまだ明るい。広い公園に数千人が集う。もの凄い人と迫力。途中から生バンドが入る。これも毎年恒例。

食事は2種類。フレンチフライにチリービーンズとホットチーズをかけて食べるもの、そして好きな具を入れて作るハンバーガー。飲み物はビールにワイン。

アップル ビアパーティー

アップル ビアパーティー
何しろ会場が広いし人が多い。でも幸運な事に、お目当ての人はみな探せた。日本のキーマン、米国本社のキーマンそれぞれと会場で遭遇でき、ビールを飲みながら腹を割っていろいろ話す事が出来た。

僕は眼鏡をかけてても視力は悪いんだけど、以外にいい目してるね!

素敵な夜に乾杯!
月曜から緊急渡米。某米国大手企業の上層部との会談の予定が飛び込んできたから。おまけに今回はちょっと長く、金曜日までいる。通訳も無しの単身乗り込みです。ふう〜

ヴィアデア V VIADER
今回の渡米、僕の経営する会社にとってはいろいろ勝負がかかってる。必ずや交渉に勝つ! 今夜は大好きな勝利の”V”ワインヴィアデアの”V”を開けた。いろいろな年代を持ってるが、今夜は2001年。9年熟成の逸品。

ボルドーでは補助品種なプティ・ヴェルドをメインにした超レアなワイン。深い森の奥深くの湖の畔にひっそりと佇むかのような味わい。森林浴やハーブ香など、素敵な香りがする。

ヴィアデアで明日への気合いを入れていたら、日本の某大手の経営陣から応援のメッセージをメールでいただいた。「応援します」、「期待しています」との言葉に感動! ありがたいことです。

憂鬱な気分がこれで一気に吹っ飛んで気合い満タン! さ、この勝利の”V”ワインで明日からの渡米、頑張るぞ〜!
土曜日、あるプロジェクト開始から5年が経過したことを祝して祝杯をあげた。場所は前年同様、汐留のオレゴン・バー&グリル

ドメーヌ・セリーヌ
最高の夜景をバックに開けたワインは、珍しくオレゴンの白。ドメーヌ・セリーヌのシャルドネです。まっとりとしてバター香があり、ムルソーのよう。高貴なワインとはまさにこういうワインのことを言い表すんだと思う。

仕事も忙しくかなり遅い時間からのスタートだったけど、とっても素敵な時間を過ごした。

大事で素敵なこのライフワークのごときプロジェクト、まだまだ続く。

来年もここで祝おう!