ワインのある生活: 2014年5月 Archives

夕暮れにはまだ少し早い薄暮な時間に久しぶりにワインバー・インディゴに顔を出した。相変わらず居心地の良い場所です。

まずは一口アミューズと泡! 乾いた喉に嬉しいな〜

ワインバー・インディゴ

そしてお料理のトップバッターはムール貝のワイン仕立て。

ワインバー・インディゴ

合わせる白ワインは、オレゴンのチュヘイラムCHEHALEM)のINOXというシャルドネ。完熟した果実の旨味がたっぷりと詰まった素敵なワイン。ヴィーテージは2012年。

チュヘイラム CHEHALEM INOX ワインバー・インディゴ

ここでメインのワインを開ける。選んだのは、カリフォルニアの風光明媚な海のリゾート地、モンタレー近郊、サンタルチア・ハイランズのピノ『ルチア 2005』。

ルチアは名門ピゾーニ・エステートのもう1つのブランド。葡萄はもちろんピゾーニ・ヴィンヤード、そしてゲーリーズ・ヴィンヤードから。ゲーリー・ピゾーニの2人の息子、マーク(ヴィンヤード・マネージャー)と次男ジェフ(ワインメーカー)によってプロデュースされる大好きなワイン。

ルチア Lucia ゲーリー・ピゾーニ ワインバー・インディゴ

まさか2005年のヴィーテージが飲めるとは思ってもみませんでした。超感動!!

9年の時間を解きほぐすべく、デキャンタしてもらいました。

果実味もまだまだ十分にしっかりとしていて、そして土の匂い、鉄分、ミネラル感も心地よく、まさにブルゴーニュの極上のワインを飲んでいるかのようです。

ワインバー・インディゴ

合わせるお料理は、ワインバー・インディゴの名物、野菜のグリル。色とりどりの加賀野菜を炭火焼にして、オリーブオイルとパルサミコで食べる。何と素敵な世界!

ワインバー・インディゴ

素敵なピノとお野菜って、実はよく合うんだよね〜

ワインバー・インディゴ

ワインバー・インディゴ

そして鴨の串焼きなどを食べた後、ノンベーな我々はナイショのバーへ移動し食後酒タイム!

ナイショのバー

季節が暑くなってきたので今夜はシャンパンカクテルな気分。

シャンパンカクテル ナイショのバー

イチゴとオレンジをおつまみに、イチゴのシャンパンカクテル、キウイのシャンパンカクテルなどにまったりと浸る。相も変わらずナイショのバーは何を飲んでも最高!

シャンパンカクテル ナイショのバー

スタファン・グラペリの「Shades of Django」を聴きながら素敵なシャンパンカクテルを飲む。何と贅沢な世界!

スタファン・グラペリ Shades of Django ナイショのバー

ワインバー・インディゴナイショのバー、何とも素敵なバー巡りな夜です。

ナイショのバー
シンガポールに生まれて初めて行ってきました。2009年に新しいソリューションをロサンゼルスのパートナーと開発してたんだけど、その時のリーダー格でいまはシンガポールに拠点を移して仕事してる人がいる。今夜は着いて早々、その彼と再会した夜です。

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

シンガポール最大にして最高級なモール「マリーナ・ベイ・サンズMarina Bay Sands)」。ショッピングモール、最高級なホテル、オフィスビルが統合された巨大な施設ですが、彼はそのモール全体のシステムを担当している。

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

薄暮のマリーナ・ベイ・サンズの遊歩道を歩く。素敵な光景です。

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

そして珍しい清掃車に遭遇! 黙々と(?)路面を掃除していくかわいらしい姿に苦笑。

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

湾をクルッと回ってマリーナ・ベイ・サンズの向こう側の海沿いのイタリアン『PROCACCI』に入りました。

PROCACCI シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

PROCACCI シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

それも店内ではなく海沿いのテラスに!

PROCACCI シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

テラスから眺める対岸のマリーナ・ベイ・サンズの美しいこと! 素敵な薄暮な光景です。

PROCACCI シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

テラスで飲むビールは最高! シンガポールの地場のビールもあったんだけど、スタッフのお薦めでアイリッシュビール『キルケニーKILKENNY)』を飲んでみた。

キルケニー KILKENNY PROCACCI シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

苦味迸る男のビール。そしてその旨さを夜景が後押しする。

キルケニー KILKENNY PROCACCI シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

このキルケニー、アイルランドのキルケニー州で1710年から造り続けられてる伝統のあるビールだそうだ。ギネスグループとネットに出ていた。合わせるお料理は、骨付き豚のグリル。この店のイチオシだそうだ。

PROCACCI シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

今夜は客人があまり飲まない方なのでワインがなくって残念だけど、ともかく夜景が素敵。ちょうど20時からマリーナ・ベイ・サンズでウォーターショーがあった。光と水による幻想的な景色にしばし言葉を失って見とれてしまいます。

PROCACCI シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

その後、よくテレビに出て来るマリーナ・ベイ・サンズのホテルの最上階にあるボート型の巨大な施設に入れてもらいました。

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

ここにはプール、プール際のバー&レストラン、ジャグジーなどがあり、まさに地上の楽園。バベルの塔を思わせる世界が展開してます。

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands

素敵なシンガポールの夜です。

シンガポール マリーナ・ベイ・サンズ Marina Bay Sands
裏路地にひっそりと佇む一軒家、鴨のコンソメ出汁のおでんとワインの店『びのむへ久しぶりに顔を出しました。

びのむ

まずはシャンパンから! 出て来たのは、ニッチな逸品『ルノーブルLENOBLE)』です。泡が奇麗で酸とトースト香が軽やかで、実に素敵なシャンパン。泡も見事!

ルノーブル LENOBLE びのむ

メゾンもお洒落だね〜

ルノーブル LENOBLE

ルノーブル LENOBLE

そしてシャンパンに合わせる前菜は、ホタテか何か魚介のつみれ風のもの。

びのむ

続いて白ワインを1杯。選んでもらったのは、シチリア島のアジェンダ・アグリコーラ・コスAZIENDA AGRICOLA COS)の『Ramì』というワイン。ガラスのコルクを用いた最新鋭のワイン。

アジェンダ・アグリコーラ・コス AZIENDA AGRICOLA COS Ramì びのむ

ブドウ品種が珍しい地場品種で、グレカニコインソーリアというもの。聞いたことないな〜

アジェンダ・アグリコーラ・コス AZIENDA AGRICOLA COS Ramì びのむ

ミネラル感がしっかりしていて深みと重み、深遠さのある素敵なワインです。色がかなり濃い目のエンジ色で、ロゼに近いくらい。

アジェンダ・アグリコーラ・コス AZIENDA AGRICOLA COS Ramì びのむ

このシチリア島のワインに合わせるお料理は、小エビと葱を使ったもの。お料理の旨味とワインのミネラル感が素敵な組み合せ。

びのむ

メインのワインは大好きなオーボンクリマ。その中でもオーナーの息子の名前を付けた「ノックス」です。

オーボンクリマ ノックス びのむ

いつ飲んでも本当に美味しいワイン。ブルゴーニュのような上品な味わいに頬が落ちそう。

びのむ
びのむ

そしてここ『びのむ』のメイン料理・おでんは、タコ、春菊、玉葱、牛すじなどをいただきました。いずれも鴨のコンソメ出汁の香りが素敵な逸品。

びのむ
びのむ
びのむ

シメには毎度の炊き込みご飯。最初はそのまま、後半な鴨のコンソメスープをかけて食べます。いつもこのスープをもらって帰りたいと思うんだよね〜 それほど素敵なスープです。

びのむ

デザートはシャンパンを使ったゼリー。なので当然、食後酒はルノーブルのシャンパン!

びのむ

何とも上品で風情のある「びのむ」な夜です。

びのむ

P.S.
ノンベーな我々は食後酒が飲み足らず、ナイショのバーへ移動! イチゴのシャンパンカクテル、チナールを使った苦味酒系、そしてギムレットなどなど、しっかりといただきました。

ナイショのバー

流れるジャズもお洒落で、若手トランぺッター、ロイ・ハーグローヴの「Nothing Serious」。トランペットとサックス、そして曲によってはトロンボーンも入る3管構成のビバップな世界のジャズ。

ロイ・ハーグローヴ Nothing Serious ナイショのバー

今夜は最後の最後まで超素敵な夜になりました! さすがナイショのバー
空が微妙に青い夕暮れる直前の時間帯にセルリアンタワー東急ホテルの最上階のバー「ベロビスト」に出掛けた。いつ来ても夜景のきれいな素敵なバーです。

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト ルイ・ロデレール ロゼ

最初の1杯は、今夜は何と、ルイ・ロデレールのロゼがグラスで開いていたので、まずはそれ!

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト ルイ・ロデレール ロゼ

薄暮の青い空をバックに映えるロゼなシャンパン。何とも素敵です!

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

おつまには、まずは生ハム、ピクルスからスタート。

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

そして温野菜のバーニャカウダ。根菜や茸も入って実に健康的。

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

続いて、メインに合わせて開けたワインは、大好きなベリンジャーのナイツヴァレー。いつ飲んでも深い森の香り、湖の湖畔の静けさをたたえた素敵なワインです。

ベリンジャー セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

4種類の海老のアヒージョが出て来たけど、これが旨味たっぷりで赤ワインでちょうどいい。

ベリンジャー セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

メインのお肉は分厚い岩塩のプレートで食べるという何とも凄いもの! 写真手前の半透明な板状のものがその岩塩プレート。

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

そして『鮫皮おろし 長次郎』の上に降ろしたての山葵が乗ってる。

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

岩塩と山葵で食べるお肉とベリンジャー、これはもう最高!!

ふと気付けばすぐ横でジャズピアニストの静かな演奏が始まった。僕の大好きな「My Old Flame」や「All The Things You Are」など、素敵な曲が静か〜に流れていく。

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

この素敵なジャズピアノをバックに生ハムと茸のペペロンチーノをいただく。

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

そしてシメはチーズプレートとカクテル。ブルーチーズに合わせてハチミツをお願いしたら、とっても素敵な味わい深いハチミツが出て来た。さすが一流ホテル!

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

そしてイチゴのカクテルの美しさと果実味とその艶に魅かれる。

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト

薄暮からスタートし、気付けば夜も更けだした摩天楼のバーのひととき、何物にも代え難い素敵な時間です。

セルリアンタワー東急ホテル ベロビスト ルイ・ロデレール ロゼ

About this Archive

This page is a archive of entries in the ワインのある生活 category from 2014年5月.

ワインのある生活: 2014年4月 is the previous archive.

ワインのある生活: 2014年6月 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

ワインのある生活: 2014年5月: Monthly Archives

Powered by Movable Type 4.01