ワインのある生活: 2013年1月 Archives

またまたオーストリアの謎のワインです。

写真のヴィリー・ブリュンデルマイヤーWilli Bründlmayer)という人が造るツヴァイゲルト (ZWEIGELT)というブドウからの赤ワインです。

ヴィリー・ブリュンデルマイヤー Willi Bründlmayer

ヴィリー・ブリュンデルマイヤー Willi Bründlmayer ツヴァイゲルト ZWEIGELT
色はかなり濃い目。目の詰まった凝縮感がある。

味わいは、コート・ロティのような感じ。ブラインドで問われたら、シラーと答えるであろうワイン。

このツヴァイゲルト (ZWEIGELT)というブドウは、先日飲んだラウフレンキッシュSt.ラウレントというブドウを交配されて造られたものらしい。

交配した人がフリッツ・ツヴァイゲルト博士だそうで、彼の名前から名を取ったとか。

ウィーンから北西に70km程に位置するランゲンロイスLANGENLOISER)というところで造られてる。自然の豊かなのどかなところにあるワイナリー。下の写真がワイナリーの中のどこからしい。タグ付けされてた。

ヴィリー・ブリュンデルマイヤー Willi Bründlmayer ツヴァイゲルト ZWEIGELT

オーストリアのワインがこんなにもレベルが高いとは、ほんと、驚きです。

ビル・エヴァンス Top of the Gate エディ・ゴメス マーティ・モレル ジョージ・クラビン
お供のジャズがまたメチャ素敵!

最愛のビル・エヴァンスの発掘物、1968年10月23日、ニューヨークのTop of the Gateというジャズクラブでのライブ盤。それも2ステージを曲順の並べ替えもなく、そのままパックしている。

ジョージ・クラビンという当時22歳だった若手エンジニアが2chダイレクト録音をしたもの。

メンバーがまた貴重。新生ビル・エヴァンストリオ発足ということで、ベースにはエディ・ゴメス、ドラムスがマーティ・モレル

ファースト・セットのEmilyからもうビル・エヴァンスの世界が目の前に広がる。演奏も音質も、すべてにおいて素晴らしい作品。目の前にTop of the Gateな世界が広がる。

ビル・エヴァンス Top of the Gate エディ・ゴメス マーティ・モレル ジョージ・クラビン

今夜はオーストリアの珍しいワインとビル・エヴァンスの幻のジャズに心地よく酔う素敵な夜です。
シエラ・ムーン 市之瀬千代 RANSENなはれ
最愛なるワイン、シエラ・ムーンの作者、市之瀬千代さんが来日しました! お会いするのは昨年7月にシエラ・ムーンを訪問して以来。

Welcom to Japan! お待ちしてました〜〜

現在オフィシャルな輸入が途切れてしまっている中、大好きな料亭『藍泉』直営のワインバー『RANSENなはれにだけ蔵直で入ってる。

なので、千代さんを連れてRANSENへ行き、店長の藤本さん(写真中央)にご挨拶をして来ました。

店内入り口のワインセラーに並ぶシエラ・ムーンにまずは感動!

シエラ・ムーン 市之瀬千代 RANSENなはれ

シエラ・ムーン 市之瀬千代 RANSENなはれ
そして八田料理長の創る素敵なお料理に合わせるシエラ・ムーンに感動!

今夜は鹿肉を焼いてもらったりしたんだけど、素晴らしいマッチング。

シエラ・ムーンと極上の和食、素敵な組み合せです。

早く輸入が再開されるといいな〜
チェコ U DVOU LIP
いや〜、チェコでワインを造ってるとは知らなかったな。

人生初の体験をしました。

飲んだのは、チェコのシャルドネで『U DVOU LIP』というワイン。ヴィンテージは2011年と若い。

味わいは、シャルドネにしては少し甘みがある。ややドイツワイン風の雰囲気。でもそこまで甘いわけじゃなく、甘い香りがすると言った方がいいかな。

このワイン、不思議な事にエチケットに楽譜が書いてある。

そしてネックには、このような折畳式の札が付いていて、その内側にも楽譜が書いてある。なんだろうこりゃ??

チェコ U DVOU LIP

チェコ U DVOU LIP Čechomor Karel Holas
いろいろ調べてみました。ワイナリーのWEBを見付けたんだけど、何せ英語はなくすべてチェコ語。Google翻訳を掛けながら読んでも中々文脈がつながらず、結局は細かい事はよく解らない。

解った事としては、チェコの伝統的な音楽をロックアレンジで演奏するというČechomor』というバンドがあり、そのバンドとコラボしてリリースしているワインっぽい。

リーダーがKarel Holasという人。この方です。バイオリン奏者のようですね。

チェコ U DVOU LIP Čechomor Karel Holas Johančiny slzy
どうやらこの楽譜のモチーフ、飾りじゃなく本当に曲があってその譜面らしい。

「Johančiny slzy」という曲なんだけど、意味が解らないな。「Johančiny」はたぶん人の名前かな。「slzy」は涙という意味らしい。

YouTubeにブドウ畑の映像と共にこの曲がアップされてます。そしてワイナリーのWEBサイトからはMP3の楽曲データや歌詞カードのPDFがダウンロードできる。何とも気合いの入った対応です。

今夜は生まれて初めてのチェコのワインに驚き、そして感動した夜です。
カリフォルニアでデンマークからの移住などにより、街並全体がデンマークな感じの街がある。ソルバンクSolvang)、初めて訪れたけど実に素敵な街並。風車があったり、可愛い色合いのお家があったり、おとぎ話の世界に迷い込んだかのような世界。

ソルバンク Solvang サンタバーバラ デンマーク

夕暮れて行く街並も素敵!

ソルバンク Solvang サンタバーバラ デンマーク

夕飯は前々からどうしても行きたかったヒッチングポストへ! そう、映画「サイドウェイ」で有名になったレストラン。自分のお店で出すようにワインを作っていて、それがこの映画で大ブレークした。

ヒッチングポスト サイドウェイ サンタバーバラ

まずはバーカウンターに陣取り、テイスティングコースでヒッチングポストの種々のワインを試す。こんな素敵な事はないね。仕事の疲れが癒される。

ヒッチングポスト サイドウェイ サンタバーバラ

壁のあちこちに映画撮影記念のパネルがあり、監督や出演者が写ってる!

ヒッチングポスト サイドウェイ サンタバーバラ

まずは「PINKS Dry Rose 2011」という素敵なロゼからスタート。このロゼは以前、ロサンゼルス在住で今回もアテンドをしてくれた友人からいただき、飲んだことがあるけど、ゴクゴクと飲むんじゃなく実に旨味のある味わって飲む奥行きのあるロゼです。

ヒッチングポスト サイドウェイ サンタバーバラ

ヒッチングポスト サイドウェイ サンタバーバラ GEN RED
写真のメニューの通り、計7種類を楽しめました。

このリスト中の「GEN RED」は、やはり上記の友人からいただき、2013年の年初に飲んだけど、カベルネ・フラン、メルロー、シラー、そして上のロゼでも使われているヴァルディギエValdiguie)という珍しい品種が使われている。

とっても素敵な深みがあり彫りの深い果実も豊かな素敵なワイン。

テイスティングを終え、テーブルに移動しディナースタート!

開けたワインは、サンタバーバラの名門サンフォードのブドウを使った『ヒッチングポスト サンフォード&ベネディクト・ヴィンヤードSanford & Benedict) 2004』というワイン。AVAはサンタ・リタ・ヒルズ

ヒッチングポスト サイドウェイ サンタバーバラ サンフォード&ベネディクト・ヴィンヤード Sanford & Benedict
このサンフォード&ベネディクト・ヴィンヤードSanford & Benedict)というワイン畑はブルゴーニュと気候、風土も似ていてこの地で最高な畑と言われてるところ。

その畑のブドウを使って8年熟成されたワイン。こりゃ美味いに決まってるよね! 実にエレガントで本家ブルゴーニュチックなワインです。

鉄分、土の香りなどもしっかりしていて、かつきれいに熟成してとってもエレガント。

合わせるお料理は、マッシュルーム、アンティチョーク、スープにサラダ、そしてガッツリとステーキです。


ヒッチングポスト サイドウェイ サンタバーバラ

このヒッチングポスト、映画の影響でもっともっと観光地化してるかと思ったけど、気取らず飾らず、地元の普通のお客さんで満杯で、そしてスタッフがとっても気が利いてヒューマンな接客をする。素晴らしいレストランです。

とても安らいだ素敵な夜です。

Friends of the Vine タイタス
P.S.
ノンベーな僕は、シメの一杯(いっぱい?)にホテル近くの大好きなワインバー『Friends of the Vine』に顔を出し、今や日本には入って来なくなっちゃった大好きなタイタスを飲んでシメました!

ロサンゼルス トーランス Miyako Hybrid Hotel

早くカリフォルニア特有の底抜けに明るい青い空を見たいけど、到着したのが夕方の17時過ぎ。外はもう暗い。

久々の定宿、トーランスのMiyako Hybrid Hotelへ直行。まだクリスマスっぽいイルミネーションが残ってる。

ロサンゼルス トーランス Miyako Hybrid Hotel
ここは湯船に浸かれるゆったりとしたお風呂があるし、朝食にはご飯と味噌汁と焼き魚とお漬物が食べれるし、最高にゆったりできて仕事だけに専念できるホテル。

夕食は友人が訪ねてきてくれて、ホテル内のレストラン『権八にてディナー。ワインは友人が持ち込んでくれた。アメリカは日本と違ってほとんどのレストランで持ち込みができるのが羨ましい限り。

マヤカマス・マウンテン HIDDEN RIDGE ヒドゥン・リッジ  55% Slope
持ち込んだワインはソノマのマヤカマス・マウンテンの『HIDDEN RIDGEヒドゥン・リッジ55% Slope Cabernet Sauvignon 2007』という初めて聞くワイン。

この55% Slopeには意味がある。そう、55度の急な傾斜のある斜面で作られてるワインだそうだ。コート・ロティとかみたいだね。下の写真で急斜面って事、伝わるかな?

深みがあり、冷涼感もあり、奥行きの深い余韻の長い素敵なワイン。引き締まった甘さ控え目なドライフルーツっぽさもある。お刺身やお鮨とよく合う。

僕はしっかりした鮨の煮切り醤油と渋めのカベルネ・ソーヴィニヨンの組み合せは大好きなんだよね〜

マヤカマス・マウンテン HIDDEN RIDGE ヒドゥン・リッジ 55% Slope

ロサンゼルス トーランス Miyako Hybrid Hotel ハラペーニョ
そういや珍しいお料理と言えば、ハマチのカルパッチョにハラペーニョの薄切りを乗せたものを食べた。山葵の代わりなんだろうと思うけど、中々の小洒落た一皿。

久しぶりのロサンゼルス、到着初日の夜は、素敵なワイン『HIDDEN RIDGEヒドゥン・リッジ55% Slope Cabernet Sauvignon 2007』で素敵なスタートを切りました。

About this Archive

This page is a archive of entries in the ワインのある生活 category from 2013年1月.

ワインのある生活: 2012年12月 is the previous archive.

ワインのある生活: 2013年2月 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

ワインのある生活: 2013年1月: Monthly Archives

Powered by Movable Type 4.01