テロ直後のパリの6日間

| | コメント (0) | トラックバック (0)
現地時間で2015年11月13日(金)の夜9時20分頃、パリ連続テロが発生! これ、日本時間だと14日(土)の午前5時20分。実は僕は土曜の深夜便でパリに飛ぶ事になってた。なので朝から大騒ぎ!

いろいろ考えた末、日本政府から渡航禁止令が出てなかったので、予定通りに飛んだ。

現地に着いたのが15日(日)の明け方。ホテルに入って仮眠し、昼に様子を見に街に出てみた。

そしたら驚くことに、二階建ての観光バスは満員だし、

パリ 連続テロ 二階建ての観光バス

オペラ座の前の階段にはいつも通りにカップルが多数。

パリ 連続テロ オペラ座
パリ 連続テロ オペラ座

オペラ座そばのラーメン屋さんでは、家族連れが並んでた。

パリ 連続テロ

何とも景色は普通の世界。日本の報道が過敏過ぎるのか!?


パリ La Corail

スタッフはみな僕を覚えてくれてた。

パリ La Corail

昨年も何度も食べたお気に入りのオニオングラタンスープ鴨のコンフィを食べ、1年前の素敵な記憶に浸る。

パリ La Corail
パリ La Corail

そしてテロ直後ゆえ、英語の通じないスタッフたちにGoogle翻訳で哀悼の意を伝え、ご家族や友人が無事かと聞いてみた。1人だけ、友人が巻き込まれたって人が居て、何ともリアクションのしようが無かったな〜

シャンパンは泡がくるくると立ち上り香りを吹き上げ、そしてポコンチーニチーズを使ったトマトのサラダは体に良い味この上ない。

パリ La Corail
パリ La Corail

開けたワインは日本からはまったく情報の無い「Jacques d'Orville Bourgogne Hautes Cotes de Beaune」。このワインはピノ・ノワールだけど、ピノにボジョレー・ヌーヴォーで使われるガメイを混ぜたものなどをリリースしてる独特なワイナリーらしい。

Jacques d'Orville パリ La Corail
Jacques d'Orville パリ La Corail

2日目も業界のパーティーを終えた後、遅い夕飯はここLa Corail

パリ La Corail

去年も驚嘆した巨大なワイングラスを模したデキャンタでゆっくりと空気に触れさせて飲むシャプティエシャトーヌフ・デュ・パプは、まさに美しいという言葉以外出てこない。

パリ La Corail

チーズと牛ヒレのステーキでワインを味わう幸せ!

パリ La Corail
パリ La Corail

不謹慎な表現かもしれないけど、とてもテロから3日目とは思えない空間。

パリ La Corail

3日目、4日目は接待ディナー。

ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

ハリー・ポッターと賢者の石」の賢者、ニコラ・フラメルが実際に住んでいたという400年前に建てられたパリ最古の家の中で営まれている素敵な素敵なレストラン「Auberge Nicolas Flamel」に二日続けて行った。

ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel
ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

昨年に続き、地下にあるヒストリカルなワインセラーを見学させてもらう。

ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

少しジメッとして湿度があり、そして冷んやりとするこの空気がワインには最高なんだと思う。ここに住みたいくらい!

ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

お料理も繊細で美しものばかり。

ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel
ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

素敵なお料理の数々は写真を見て下さい。

ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel
ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel
ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

Auberge Nicolas Flamel初日のワインは、昨年もここAuberge Nicolas Flamelで飲んだ18世紀から続くペサック・レオニャンの老舗「シャトー・プメイCHATÉAU POUMEY) 1995年」。デキャンタージュしてゆっくりと20年の時を覚醒させる。

シャトー・プメイ CHATÉAU POUMEY ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel
シャトー・プメイ CHATÉAU POUMEY ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

シャトーも凛としていて歴史的文化遺産な空気を感じる。

シャトー・プメイ CHATÉAU POUMEY ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

続いてもう1本、「HERMITAGE Epsilon 2004年」。これはまったくの初物。

カーヴ・ド・タン Cave de Tain HERMITAGE Epsilon ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

エルミタージュで3番目に大きな畑を持つというカーヴ・ド・タンCave de Tain)が2つの畑から手摘みして、そして選りすぐったブドウから造った一品。わずか製造は1,100本だそうで、アジアには30本しか入ってないとネットに書いてあった。

シラー 100%なれど、シルキーでボルドー右岸系と見間違うかの如き素晴らしいワイン。エクセレントという表現はまさにこういうワインのためにあるんだと思う。

カーヴ・ド・タン Cave de Tain HERMITAGE Epsilon ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

このCave de Tainはレセプションセンターも非常に美しく、ぜひ訪問してみたいものです。

カーヴ・ド・タン Cave de Tain HERMITAGE Epsilon ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

翌日も米国のVIPを招いてAuberge Nicolas Flamelで会食。

ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

僕らは早めに入り、ソムリエのジェロームとワインの段取りを綿密に打ち合わせ。

ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

アメリカ人は迫力あるな〜 何と7人で6本の豪快な飲みっぷり!

ハリー・ポッターと賢者の石 賢者 ニコラ・フラメル Auberge Nicolas Flamel

乾杯のシャンパンは、独立系で老舗のデュヴァル・ルロワDuval-Leroy)のスペシャルキュヴェ「キュヴェ・デ・ロワCUVÉE DES ROYS)」のマグナムボトル。迫力満点! そしてエチケットの美しさも満点だし、建屋もゲストルームもお洒落です。

デュヴァル・ルロワ Duval-Leroy キュヴェ・デ・ロワ CUVÉE DES ROYS
デュヴァル・ルロワ Duval-Leroy キュヴェ・デ・ロワ CUVÉE DES ROYS

1859年にシャンパーニュ地方コート・デ・ブラン地区南のヴェルテュ(Vertus)に立ち上げた由緒あるデュヴァル・ルロワと400年前に建てられた賢者、ニコラ・フラメルが住んでたヒストリカルな家で営むレストラン「Auberge Nicolas Flamel」の組み合わせは凄いな〜

また右端の「SERRE ROMANI」も日本には入っていないと思われる珍しいワイン。地域はラングドック・ルーションMauryという村。写真の若夫婦が営んでるらしい。

SERRE ROMANI

グルナッシュ 100%の果実味溢れるまさに南のワイン。地中海が透けて見えるかのような印象のワイン。

そして最終日、帰国の日はランチをホテル前のLa Corailで。

昼から大好きなコート・ロティを開ける。ャプティエLes Bécasses 2011年。こりゃ快感!!

コート・ロティ シャプティエ Les Bécasses パリ La Corail

相棒とオニオングラタンスープ、鴨のコンフィ、牛ヒレのステーキをシェアし、コート・ロティを味わう幸せ。

パリ La Corail
パリ La Corail
パリ La Corail
パリ La Corail

最後の最後にLa Corailに来れて良かった!

テロ当日の深夜に飛び立ったパリへのこの旅は、一生記憶から消えることはない深い旅となった。さ、エスプレッソを飲んで日本に帰るよ!

パリ La Corail

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: テロ直後のパリの6日間.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1148

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2015年12月19日 22:20.

湊孝夫さんを偲ぶ会 was the previous entry in this blog.

2015年にお逢いした素晴らしきワインの造り手たち is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01