2015年11月 Archives

僕がアルバムをプロデュースした名ピアニスト・湊孝夫さんが昨年7月に亡くなった。葬儀には共演したグラミー賞受賞トランペッター、ランディー・ブレッカーも弔辞を寄せてくれた。

湊孝夫 ランディー・ブレッカー

世界のランディー・ブレッカーから弔辞が来るほどのピアニストをプロデュースできて幸せです。

湊孝夫 ランディー・ブレッカー Randy Brecker I'm Glad There Is You
湊孝夫 ランディー・ブレッカー Randy Brecker I'm Glad There Is You
湊孝夫 ランディー・ブレッカー Randy Brecker I'm Glad There Is You

1月18日に新宿の"J"にて「ピアニスト 湊孝夫さんを偲ぶ会」が開催された。

湊孝夫

生涯3枚しかアルバムを残さなかった湊孝夫さんの3枚中の2枚をプロデュースした僕が本来はこの会を企画して取り仕切らなくっちゃいけなかったんだけど、残念ながらできず、ミュージシャンの方々にお願いしてしまい、名ドラマー、木村由紀夫さんが幹事をして下さいました。

湊孝夫

会場には入りきれないほどのミュージシャンが集まった。そしてその中でも僕がプロデュースした湊孝夫さんの1枚目のアルバム「I'm Glad There Is You」の出演者が集まり、湊孝夫さんのピアノパートだけは代役を立てて演奏をしてくれた。

 サックス:佐藤”ハチ”恭彦
 ベース:山口雄三
 ドラムス:吉尾公弘

湊孝夫 ランディー・ブレッカー Randy Brecker I'm Glad There Is You 佐藤”ハチ”恭彦 山口雄三 吉尾公弘
湊孝夫 ランディー・ブレッカー Randy Brecker I'm Glad There Is You 佐藤”ハチ”恭彦 山口雄三 吉尾公弘

その他、多数のミュージシャンが登場し故人を偲びました。

湊孝夫 細野義彦 ジャンボ小野
湊孝夫 春日井真一郎 小西勝

私も挨拶に立たされたけど、万感の思いでした。

湊孝夫さん、安らかに!

湊孝夫 ランディー・ブレッカー Randy Brecker I'm Glad There Is You 佐藤”ハチ”恭彦 山口雄三 吉尾公弘 成重幸紀 塩本彰 高橋信之介 片山圭一朗 ハートノート HeartNote湊孝夫 I'll Be Seeing You
1月はかなり珍しい初物のワインと遭遇した。

まずはニューヨークブライアント・パーク脇にある大好きな名門Bryant Park Grillにて。

ニューヨーク ブライアント・パーク Bryant Park

ニューヨークの冬は寒い。ブライアント・パークの噴水には氷の柱ができてるし、

ニューヨーク ブライアント・パーク Bryant Park

園内は毎度な感じでアイススケート場になっていて、寒い中、みんな楽しそうにスケートをしている。

ニューヨーク ブライアント・パーク Bryant Park
ニューヨーク ブライアント・パーク Bryant Park

その脇に佇む名門レストランBryant Park Grillは入口の趣も重厚。

ニューヨーク ブライアント・パーク Bryant Park Grill
ニューヨーク ブライアント・パーク Bryant Park Grill

まずはカンヌ映画祭の公式シャンパーニュ、PIPER-HEIDSIECKがソノマで造ってるというPIPER SONOMAに驚く。PIPERがナパで造ってるとはね〜

ニューヨーク ブライアント・パーク Bryant Park Grill PIPER

F1公式シャンパンのMummもカリフォルニアで造ってると先日聞いたんだけど、シャンパンメゾンがこぞってカリフォルニアでスパークリングに乗り出してるんだね〜

そしてここBryant Park Grillではもう1つの驚きが!

大好きな大好きなワイン「エチュード」にサブブランドとして「LYRIC」というピノ・ノワールがあるんだと! 確かにエチケットに「BY ETUDE」と書いてある。1月のことで少し記憶も怪しいけど、とっても柔らかく上品なピノだったと思う。エリアはサンタバーバラ。

エチュード ETUDE ニューヨーク ブライアント・パーク Bryant Park Grill

続いては、これまた大好きなレストラン、カンザスシティAVENUES BISTROにて。

カンザスシティ AVENUES BISTRO

大雑把で何を食べても同じシーズニングの味がするカンザスシティのレストランの中で、ここだけはちょっと異質。とっても上品な大人な世界を演出してくれるレストラン。

カンザスシティ AVENUES BISTRO

ここで飲んだワインが初物「Carter CELLARS」というもの。

Carter CELLARS カンザスシティ AVENUES BISTRO

調べてみると、メンドシーノでベッド・アンド・ブレックファースト・イン「The Carter House」を経営してるMark Carter氏がやってるワイナリー。

The Carter Houseはとっても素敵なお宿です。泊まってみたいね〜

The Carter House Carter CELLARS カンザスシティ AVENUES BISTRO
The Carter House Carter CELLARS カンザスシティ AVENUES BISTRO

涼しいメンドシーノだからか、部屋には暖炉がある。

The Carter House Carter CELLARS カンザスシティ AVENUES BISTRO

ボルドースタイルの赤ワインだけを造ってる。

1月のカンザスシティでは、2日続けてAVENUES BISTROに行った。そしてソムリエに2日目もまた珍しいワインを選んでもらった。VERMEILというワインなんだけど、2009年物を「XXXIV」と書くところがにくいね〜

VERMEIL XXXIV カンザスシティ AVENUES BISTRO

詳細不明なれどカベルネ・ソーヴィニヨンを中心にカベルネ・フランなどが入ったボルドーブレンド系のようです。オーナーのDick Vermeilは元々アメフトの選手で、数々のNFLのチームでヘッドコーチを務めていたことから、どうやらあだ名が「コーチ」らしく、ボトルの脇には「Coach Dick Vermeil」とサインが入っている。

VERMEIL XXXIV カンザスシティ AVENUES BISTRO

テイスティングルームがお洒落だね〜

VERMEIL XXXIV カンザスシティ AVENUES BISTRO
VERMEIL XXXIV カンザスシティ AVENUES BISTRO

1月のニューヨークカンザスシティはかなり寒かったけど、その中で素敵なワインに出逢えたのは幸せです。
1月にニューヨークに展示会で行った際、到着日の夜、ホテル近くのUncle Jack's Steakhouseで夕飯をした。さすがニューヨーク、中々小洒落たレストラン。

Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse
Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse

店内にはもう1月なのに、なぜかまだクリスマスツリーがある!

Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse

そしたら、その日チャンピョンになったというボクサー、Chris Van Heerdenを祝す宴席と偶然一緒になった。

Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse

何だかよくわからなかったけど、ともかくメデタい席なので、一緒に祝しました。

Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse

やっぱ、身体はデカかった〜〜

Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse


Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse デビット・ブルース David Bruce

お料理は、巨大なシュリンプカクテル、そして巨大なステーキ。アメリカは何でもスケールがデカいね〜

Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse
Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse

シメに中々に艶気のあるボンド・マティーニをいただき夜は更けました。

Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse ボンド・マティーニ
Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse ボンド・マティーニ
New York ニューヨーク Chris Van Heerden Uncle Jack's Steakhouse
- この1年のあまりの忙しさに本ブログは11ヶ月遅れの更新です! -


2014年のカウントダウンパーティー前年同様、ジャージーなパーティーナイト!

2014カウントダウン
2014カウントダウン

入って早々、まだカウントダウンには早いのにバンドは盛り上がってる。

2014カウントダウン
2014カウントダウン

まずはウェイティングバーでジンを引っ掛けて奥へ進む。

2014 カウントダウン

店内はカウントダウンに向け天井まで準備完了! 胡蝶蘭も豪華です。

2014 カウントダウン

今回の年越しワインは、キャシー・コリソンCathy Corison)のカベルネ・ソーヴィニヨンを開けてみた。2004年物なので、まさに10年熟成。

キャシー・コリソン Cathy Corison 2014 カウントダウン Crustacean

巨大な鶴のネックのようなデキャンタで空気に触れさせ深い眠りから覚ます。

深い深い森の奥に迷い込んだかのような静寂さとハーブ香が心地よい。

そしてコリソンを飲んでいるうちにバンドの演奏は最高潮を迎え、いよいよカウントダウン!

2014 カウントダウン Crustacean

上から風船がわっと降りてきて新年を迎える。

2014 カウントダウン Crustacean
2014 カウントダウン Crustacean

素敵な夜が更けてゆきます。

2014 カウントダウン Crustacean
2014 カウントダウン Crustacean

そして日付が変わり、2015年1月1日のニューイヤーパーティーがこれまた凄かった〜

総勢12名の参加者でのホームパーティーは大盛り上がり。

僕は今回はソムリエ役ではなく、シェフとして参画。

ローストビーフ

2015 ニューイヤーパーティー

鶏もも肉のオリーブ&ハーブマリネードしたグルル

2015 ニューイヤーパーティー
2015 ニューイヤーパーティー

握り鮨

2015 ニューイヤーパーティー

ビーフブイヨンから造り込んでそのスープを使った温野菜のグリル

2015 ニューイヤーパーティー

シメのシメはブイヨンとゴルゴンゾーラを使ったチーズリゾット。

2015 ニューイヤーパーティー

いやはや、正月早々から汗だく&ヘトヘトになりました。そしてワインもみなで持ち寄ったけど、何本空いたのか判らないほど飲んだ。

2015 ニューイヤーパーティー
2015 ニューイヤーパーティー

素敵な素敵な2014カウントダウン&2015ニューイヤーパーティーでした。

2015 ニューイヤーパーティー

About this Archive

This page is an archive of entries from 2015年11月 listed from newest to oldest.

2015年2月 is the previous archive.

2015年12月 is the next archive.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01