ヴィーヴ・クリコの醸造家と楽しむ素敵な夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
ヴィーヴ・クリコの醸造家、Dominique DEMARVILLE氏が来日し、虎ノ門ヒルズのホテル、アンダーズ東京のレストラン「タヴァン」でパーティーがあった。

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京

まずはパーティーが始まる前に記念撮影です!

ヴィーヴ・クリコ Dominique DEMARVILLE 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京

そしてオーストリア人の総料理長ゲルハルト・パスルガー氏がそれぞれのヴィーヴ・クリコに合わせて素敵なお料理をふるう。

総料理長 ゲルハルト・パスルガー ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京

まずは前菜とヴィーヴ・クリコのイエローラベル。前菜は、

  トーストの上のイベリコハム ボタンエビ 洋梨ラグー
  iberico ham, botan ebi, pear ragout, on lightly toasted sourdough

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

という素敵な逸品。

ヴィーヴ・クリコのイエローラベルの香ばしさ、トースト香がまさにお料理とピッタリ!

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

続いては、パスタとヴィーヴ・クリコのロゼ。パスタは、

  自家製パスタ 少しスパイシーなロブスタークレム 雲丹
  Home made pasta, light spiced lobster créme, sea urchin

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

シェフのプレゼンテーションもカッコいい!

総料理長 ゲルハルト・パスルガー ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京

続いて土鍋のようなものから出来てたのは、地鶏。

  山梨県産鶏 ほのかなサフランの香りのトリュフジュ ローストカリフラワー
  Yamanashi chiken, light saffron scented tfuffle jus, roasted cauliflower

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン
ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

これに合わせるヴィーヴ・クリコは1989年のヴィンテージ物!

トリュフをたっぷり振り掛けて食べる鶏はヴィーヴ・クリコと最高の組み合せ!

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン
ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

総料理長も気合い十分!

総料理長 ゲルハルト・パスルガー ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京

そして2つ目のメインは仔牛。

  じっくりローストした仔牛のフィレ トマトバター キルシュでソテーしたマッシュルーム
  Slow roasted veal fillet, white tomato butter, kirsh sautéed seasonal mushrooms

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

ヴィーヴ・クリコは1990年のヴィンテージ物のロゼ。

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

ヴィンテージ物のシャンパンは何と、デキャンタージュする! シャンパンをデキャンタージュするのは初めて見る光景。

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン
ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

デザートが出て素敵なパーティーは閉幕!

ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

もちろんデザートにもシャンパンは合わせて出て来る。ホワイトラベルのDomi-Sec。つまりは極軽い甘口。こんなヴーヴ・クリコ、見たことないな〜

いや〜素敵なパーティーでした。

ちなみにこのパーティー、プロ野球選手が二人来ていてビックリ。一人は私の2つ隣り、もう一人は斜め向かいでした。あんなガタイのいい連中が繊細にヴィーヴ・クリコを楽しむ姿に驚いたとともに、まったく偉ぶらず自分たちからはプロ野球選手とは言い出さない謙虚な姿に感動!

そして最後に総料理長ゲルハルト・パスルガー氏と写真を撮って幸せなパーティーは終わりました!

総料理長 ゲルハルト・パスルガー ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京
ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン
ヴィーヴ・クリコ 虎ノ門ヒルズ アンダーズ東京 タヴァン

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ヴィーヴ・クリコの醸造家と楽しむ素敵な夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1139

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2014年12月30日 15:32.

2週続けて行き倒したサリーヴな日曜日 was the previous entry in this blog.

ペリエ・ジュエの醸造家と過ごす素敵な夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01