パラシュートに狂喜乱舞したサン・シュペリな夜!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
皆さん、パラシュートPARACHUTE)を知ってますか? 腕利きのスタジオミュージシャンが集まって1979年に結成されたスーパーバンド。寺尾聡の「ルビーの指輪」の編曲と演奏によりこの曲をレコード大賞にまで仕上げたことでも有名。

そんな彼らの決済35周年記念ライブがあった! 場所はビルボード東京

パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

いや〜、もう言葉にならない。

懐かしきメンバーは以下の通り。

 松原正樹(G)

松原正樹 パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

聖子ちゃんも明菜ちゃんもみなお世話になったスーパーセッションギタリスト。先日、プロ生活35周年記念ライブのアルバム「松原正樹 35th Anniversary Live at STB139/21 NOV 2013」がリリースされた。2枚組の2枚目の「松原正樹WORKSメドレー」が最高。

松原正樹 35th Anniversary Live at STB139/21 NOV 2013

近藤真彦の「愚か者」から始まり、中森明菜「北ウィング」、平尾昌晃・畑中葉子「カナダからの手紙」、ユーミン「中央フリーウェイ」、松田聖子「渚のバルコニー」、松山千春「長い夜」、キャンディーズ「微笑がえし」、荻野目洋子「六本木純情派」、松任谷由実「真珠のピアス」、さだまさし「案山子」、山口百恵「さよならの向こう側」、松任谷由実「冷たい雨」、松田聖子「瞳はダイアモンド」、松任谷由実「ANNIVERSARY」、松田聖子「恋人がサンタクロース」と続く強烈なメドレー。もう涙が出るほどの演奏です。私世代の皆さんは、ぜひこのライブ盤はご購入を!

 今剛(G)

今剛 パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

松原正樹と二人して日本中のポップスのギターを担当して来た偉人。最近は福山雅治さんのバックバンドとしてツアーが忙しい。

 井上鑑(Kb)

日本のポップス界で1番の売れっ子アレンジャー。今は福山雅治さんのバンマス&ミュージックディレクターとしてツアーが忙しい。そして「井山大今」でも元気にやってる!

 安藤芳彦(Kb、Vo)

安藤芳彦 パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

安藤芳彦パラシュートの後いくつかのバンドを経て、その後は作詞家として活躍しているらしい。提供した歌詞は800以上とか。提供してる相手を見ると凄い! 古い順に川島なお美、工藤静香、中山美穂、西田ひかる、早見優などなど。

 マイク・ダン(B)

マイク・ダン パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

マイク・ダンパラシュートと平行してこちらもスーパーなロックバンド、「SHŌGUNショーグン)」を立ち上げてた。テレビドラマ『俺たちは天使だ!』の主題歌「男達のメロディー」、松田優作主演のドラマ『探偵物語』の主題歌「Bad City」、エンディングテーマ曲「Lonely Man」などをSHŌGUNショーグン)でやってる。

 斉藤ノヴ(Per)

パラシュートの前は細野晴臣、鈴木茂、林立夫、松任谷正隆という蒼々たるメンバーのバンド「ティン・パン・アレー」でバックに入ってたり、パラシュート後は中西圭三、西田ひかるのプロデュースをするなど、幅広い活躍をしているパーカッショニスト。

 林立夫(Ds)

上記の「ティン・パン・アレー」にも参加しているスーパードラマー。パラシュートの後は一時実業家として活動していたとの話もあるらしい。


さあ、開演!! 往年のヒット曲が連発する! 炸裂する! 爆発する!

もう開演早々、大好きな大好きな「HERCULESからスタート! 1曲目から僕のテンションは振り切りです!! ここで血管切れて死んでも後悔ないほどの感動です。

パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

哀愁漂う素敵なヴォーカル曲「SYLVIAでのマイク・ダンの渋いヴォーカルに涙しそうになる。

いや〜、いいね〜〜〜

ワインは、これまた懐かしのワインです。僕がワインバーに手を染めてた頃の一押しワインの1つ、「サン・シュペリ」のソーヴィニヨン・ブラン。こんなワインにビルボード東京で出逢えるとは!

サン・シュペリ パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

サン・シュペリは想い入れの深いワイン。自分たちのワインバーでもそうだし、亡くなった母の10年祭の夜サン・シュペリのメリタージュを飲んだ。

想い入れの深いパラシュートのライブに想い入れの深いサン・シュペリ。素敵な夜です。

パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

ライブは最高潮に盛り上がり観客がみな総立ちの中、アンコールが2回あってもう場内アナウンスが「本日の演奏は終了致しました。お会計は・・・」と流れ照明も点灯する中、アンコールを求める手拍子が止まず、ついに再度メンバーが出て来た!!

パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

もう曲はすべて奏り尽くしていて、斉藤ノヴが「もう1回聴きたい曲は?」ってみんなに聞くから、僕は大声で「HERCULES」を主張した。他にもHERCULESを叫ぶ人、多数!

パラシュート PARACHUTE ビルボード東京

みんなの声が通り、HERCULESが再演された。オープニングとはテンションの違う松原正樹の気が狂わんばかりの熱狂的なソロで素敵な素敵なパラシュートの35周年のライブは幕を閉じました。パラシュート、最高!!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: パラシュートに狂喜乱舞したサン・シュペリな夜!.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1130

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2014年9月15日 16:06.

TWO ROOMSでメルヴィルのピノに遭遇した夜 was the previous entry in this blog.

『Pahlmeyer 6.0』を想って飲むパルメイヤー 1998 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01