ブチ切れた夜のナイショのバー

| | コメント (0) | トラックバック (0)
大事な大事な株主総会の数日前にとんでもないアクシデントが発生!

もう血管ブチ切れ! ナイショのバーに飛び込みガチ飲みです!

ブチ切れ状態なので、以下、写真で紹介しま〜す!

まずは人生の原点に戻るべく、懐かしきオールドパーハイボール

オールドパー ナイショのバー

そして大好きな香味野菜たっぷりの健康的なサラダ。

続いては、アイラ島の塩っぽいカリラと万願寺唐辛子とプロシュートのグリル。

カリラ 万願寺唐辛子とプロシュートのグリル ナイショのバー

島系の塩気とプロシュートの塩気が相まって、この組み合せは最高!

万願寺唐辛子とプロシュートのグリル ナイショのバー

次はキャンベルタウンロングロー

キャンベルタウン ロングロー ナイショのバー

次のお料理は明太子とバジルのフェデリーニ。大好きな逸品。塩っぽいウイスキーと良く合う。

明太子とバジルのフェデリーニ ナイショのバー

このパスタに合わせ、ボルドーの南西地方、ジュランソンの白ワイン「ドメーヌ・コアペDomaine CAUHAPE)」を1杯。軽やかで爽快な風の如きワイン。

ジュランソン ドメーヌ・コアペ Domaine CAUHAPE ナイショのバー

お次はタンカレー No.10とグレープフルーツで軽めの1杯。

タンカレー No.10 ナイショのバー

次はブルゴーニュでウイスキーを創る変わり者、ミッシェル・クーブレイの「Fleeting」をストレートで。そういやご本人、亡くなっちゃったね〜 今後も続くのかな〜 まだまだ仕込んだ樽は残ってるはずなんだけどね。

ミッシェル・クーブレイ Fleeting ナイショのバー

もうこんだけ飲めば記憶が怪しいけど、次は色からして大好きなブルックリン

ブルックリン ナイショのバー

流れるジャズは、野崎良太率いるJazztronikの「Cinematic」。映画の一シーンかのごときサウンドが流れた「はず、、」。

野崎良太 Jazztronik Cinematic ブルックリン ナイショのバー

もう完全なる酔っ払いです。最後の最後は、はい、森浦君の創る最高のギムレット

ギムレット ナイショのバー

いや〜、よく飲んだね〜〜

実はこの夜発生した嫌な事は、この後ず〜っと哀しいくらいに尾を引く事になります。それをまだ知らない僕はこの夜を大酒で終えたとさ!

ナイショのバー、ありがとう!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ブチ切れた夜のナイショのバー.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1123

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2014年7月21日 18:48.

ルビー・ジャックスとコッポラのディレクターズ・カットな夜 was the previous entry in this blog.

『RANSENはなれ』で味わう今年初の郡上鮎とノリア is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01