牡蠣三昧なTWO ROOMSな夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の生ガキの他、柚子ポン酢にイクラを載せたもの、そしてオーストラリアやアイルランドの名物・キルパトリック、そして強烈なのはフランスのグレーグース・ウォッカを使ったカクテル、ブラディマリーに浸すというもの。

TWO ROOMS キルパトリック グレーグース・ウォッカ ブラディマリー

キルパトリックは細かく刻んだベーコンを載せ、軽くオーブンで火を通した素敵な逸品。

TWO ROOMS キルパトリック

そしてグレーグース・ウォッカで創ったブラディマリーは強烈な一品。

TWO ROOMS グレーグース・ウォッカ ブラディマリー

ポチャッと生ガキをブラディマリーに放り込み、しばらく浸しておく。他の牡蠣を食べた後に最後に食べると旨味とアルコールの強さ、そしてトマトの酸味が絡み合い、言葉に形容しようがない実に素敵な味わいとなる。もちろん最後にブラディマリーは飲める。

TWO ROOMS グレーグース・ウォッカ ブラディマリー

この素敵な牡蠣三昧をサポートする飲み物は、フランスのルイ・ロデレールがカリフォルニアはアンダーソンヴァレーで創るロデレール・エステートの「QUARTET」のロゼ。

TWO ROOMS ロデレール・エステート QUARTET ロゼ

果実味、旨味が素晴らしく、色も鮮やかで、華やかかつ爽やかな味わいに感動! ロデレール純正のシャンパングラスでいただきます。

TWO ROOMS ロデレール・エステート QUARTET ロゼ

牡蠣のうまみ、潮味とロデレールのロゼなスパークリングの心地よさったらないね〜

そしてシエラフットヒルズドメーヌ・ド・ラ・テレ・ルージュDomaine De La Terre Rouge)の別ブランド、『イーストンEaston)』のジンファンデルでメインのお料理をいただく。

TWO ROOMS ドメーヌ・ド・ラ・テレ・ルージュ Domaine De La Terre Rouge イーストン Easton

フルーツトマトのカプレーゼ、

TWO ROOMS

旬なホワイトアスパラ、

TWO ROOMS

フォアグラと筍のソテー、

TWO ROOMS

牛ハラミのステーキと素敵な品々が続く(ステーキは写真失敗!)。

TWO ROOMS

最後にデザートと食後酒としてオーストラリアの貴腐ワイン「NOBLE ONE」で素敵な夜をシメました。TWO ROOMS、最高です!

TWO ROOMS NOBLE ONE

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 牡蠣三昧なTWO ROOMSな夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1101

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2014年4月29日 20:32.

オットットリオに燃えた夜 was the previous entry in this blog.

チーズプレートでお誕生日を祝ってもらいました! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01