ジム・クレンデネンのプティ・ヴェルドに再会した夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
クレンデネン・ファミリー・ヴィンヤーズ プティ・ヴェルド ジム・クレンデネン オーボンクリマ サンタバーバラ
2012年1月17日の夜、僕が足を大ケガする前夜、ニューヨークのホテルにて、大好きなオーボンクリマジム・クレンデネンが個人名義、クレンデネン・ファミリー・ヴィンヤーズでリリースするプティ・ヴェルドを飲んだ。

今夜はそのレア物、クレンデネン・ファミリー・ヴィンヤーズに再会した夜です! おまけにニューヨークで飲んだのは2004年、今夜のヴィンテージは、何と、2002年!

今年1月に仕事でサンタバーバラに行った際オーボンクリマテイスティングルームにちょっとだけ立ち寄れ、そこで買い付けてきたもの。

もうこれは完璧なまでのスーパーボルドーなテイスト。

深みがあってとてもプティ・ヴェルドとは思えない。

そんな素敵なワインを盛り立てる今夜のジャズは、ジェイ・レオンハートの『フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン』。

ジェイ・レオンハート  ベニー・グリーン ジョー・コーン Jay Leonhart フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン クレンデネン・ファミリー・ヴィンヤーズ プティ・ヴェルド ジム・クレンデネン オーボンクリマ サンタバーバラ

ベースのジェイ・レオンハートをリーダーに、ピアノにはオスカー・ピーターソンの後継者と言われるベニー・グリーン、ギターにはジョー・コーンというドラムレスのトリオ。

軽やかに、そして時にベースを軸にして渋く迫る素敵なジャズアルバム。”作品”と呼ぶのが相応しい。

ジェイ・レオンハート Jay Leonhart Joe Cohn Ted Rosenthal ニュージャージー・ジャズフェスティバル

ジェイ・レオンハート フライ・ミー・トゥ・ザ・ムーン
この3人によりトリオの写真は探せなかったけど、ベースがジェイ・レオンハート、ギターはジョー・コーン、そしてピアノだけがアルバムとは違ってテッド・ローゼンタールというメンバーでの写真を見付けました!

2007年のニュージャージー・ジャズフェスティバルでの写真です。

素敵なジャズを聞きながら、クレンデネン・ファミリー・ヴィンヤーズプティ・ヴェルドを飲んで痛ましい昨年1月の大ケガを想い出し、ちょっと複雑な想いの夜です。

でも、ともかくワインもジャズも今夜は芸術的だな〜 いずれも素晴らしい”作品”です。最高!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ジム・クレンデネンのプティ・ヴェルドに再会した夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1049

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2013年6月15日 15:24.

ボランジェで祝うグレープチョイスの7周年! was the previous entry in this blog.

日韓友好&次のサクセスに向かう鉄板焼きな夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01