素敵なオレゴン・バー&グリルの摩天楼な夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この摩天楼で素敵な方と素敵にディナー! ワインは最初から”泡”と決めてた。

シュラムスバーグ ロゼ オレゴン・バー&グリル

開けた”泡”は、ナパのスパークリングの名門、シュラムスバーグのロゼ。清楚でかつ艶のある素敵な色合いと味わい。ストロベリー、ラズベリーなどの赤いベリー系の香りと味。チェリーのような小悪魔的な可愛らしさもある。

シュラムスバーグ ロゼ オレゴン・バー&グリル

お料理は、まずは一口サイズのアミューズが出て、そして半生のサーモンが登場。玉ねぎのスープがかかってる。

シュラムスバーグ ロゼ オレゴン・バー&グリル

そして次は素敵な季節の逸品、ホワイトアスパラガスとアイコトマトのコンポート。

オレゴン・バー&グリル アイコトマト

春の味覚の代名詞たるホワイトアスパラガス、そして甘〜いアイコトマト。これらにシュラムズバーグのロゼがピッタリとハマる。

続いては、香りパセリバターでソテーしたツブ貝とブラウンマッシュルーム。アンディーブとシトラスブールのソースです。お皿が目の前に置かれるその瞬間から香りが立ち上がる。

オレゴン・バー&グリル

ベントン・レーン ファースト・クラス オレゴン・バー&グリル
ここでシュラムスバーグのロゼが空いてしまったので、ワインは次へ!

開けたのは、オレゴンの名門ベントン・レーンが状態の良い年にだけ造るファースト・クラス。今夜のファースト・クラスは確か2009年。

もうこれは本家本元のブルゴーニュを凌駕するワイン。果実味、鉄分や土の香りなど、まさしく最上級のピノ・ノワールな世界。この夜景と相まって美味い!

お料理は、イベリコ・ベジョータのチョリソーを浮かべた白インゲンのポタージュへ。このチョリソーが実に美味い! ベントン・レーンファースト・クラスともよく合う。

そして口直しのグラニテが出て、ここで口の中をリセットし、メインディッシュに備える。

オレゴン・バー&グリル

メインは、USビーフテンダーロインの炭火焼。上にフォアグラが乗ってるという贅沢な逸品。オレゴンピノノワールを使ったソースが素晴らしい。お肉もとっても柔らかく旨味のあるもの。

USビーフテンダーロインの炭火焼 オレゴン・バー&グリル

金柑のコンポート オレゴン・バー&グリル
気付けばあっという間に2本のワインを開け、お料理もメインまで突っ走り、デザートへ突入。


金柑のコンポート、そしてチョコレートケーキなど取り分けた。金柑のコンポートが何とも斬新かつ季節の味わい。

食後酒はこれらに合わせ、アマレット。

素敵な夜景の中で素敵な会話と共に味わうシュラムスバークのロゼ、ベントン・レーンファースト・クラス、そしてオレゴン・バー&グリルの素敵なお料理にすっかり酔いしれた夜。

素敵な夜です。

オレゴン・バー&グリル

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 素敵なオレゴン・バー&グリルの摩天楼な夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1019

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2013年2月28日 23:59.

真夏のメルボルンにて〜Walter's Wine Barが無くなっちゃう!〜 was the previous entry in this blog.

パルメイヤーと素敵なジャズとディスクロージャーな夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01