オーストリアの素敵な地ブドウ『Blaufränkisch
(ブラウフレンキッシュ)』に酔う夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
Lenz Moser Prestige Blaufränkisch Barrique ブラウフレンキッシュ オーストリア Burgenland ブルゲンラント Neusiedlersee ノイジードラー湖
チェコのワインに続いてまたまた謎のワインの登場です!!


オーストリアの地場品種、『Blaufränkischブラウフレンキッシュ)』というブドウから造られた『Lenz Moser Prestige Blaufränkisch Barrique 2004』というワインです。

コルクじゃなくスクリューキャップ。

そしてキャップの頭にはオーストリアのワインの認証マークらしきものが貼られてる。

Lenz Moser Prestige Blaufränkisch Barrique ブラウフレンキッシュ オーストリア Burgenland ブルゲンラント Neusiedlersee ノイジードラー湖
P.S. 
さて、このボトルが寝かされてるパニエは何者でしょうか? (^_^)


地域はオーストリア内では赤ワインの名産地と言われるBurgenlandブルゲンラント)と言うところ。

ハンガリーとの国境の州でNeusiedlerseeノイジードラー湖)の周囲にワイン畑が広がっているとか。

写真で解る通り、本当に広大な湖。湖面の高さが時代によってずいぶん変わるみたいだけど、中央アジアで2番目に大きな湖らしく、琵琶湖相当とか。

Neusiedlersee ノイジードラー湖

エアレーター VINTURI
さてこの『Lenz Moser Prestige Blaufränkisch Barrique 2004』、抜栓直後はかなり固い感じがして、そして香りが上がって来ない。そこでエアレーターを使ってみた。こんな奴です。

そうしたら途端に開いてきた! フワッと香りが立ち上がる。

味わいはかなりクール。タンニンの渋みはしっかりしていて、でもタバ臭くなく、少しツンとすましたクール&ビューティーなレディーのよう。

Lenz Moser Prestige Blaufränkisch Barrique ブラウフレンキッシュ オーストリア Burgenland ブルゲンラント Neusiedlersee ノイジードラー湖
ブドウ的には、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランの中間くらいな感じかな〜 カベルネ・ソーヴィニヨンほどの厚み、重み、渋みはなく、カベルネ・フランほどの青い感じでもない。でもそれなりのしっかりとしたタンニンの骨格を感じる。

そして、Barriqueとあるが、あまり樽を感じさせない。樽香、バニラ香はほぼしない。2004年なのでそれなりに熟成してこうなったのかな?

とても冷涼な世界を感じる。本当の温度より舌触りとしては体感温度は低い感じ。長身でツンとすましていて笑わない女。スカートは短め、長く細い足を思いっきり組んでる、そんなイメージか?? ドラマブラッディ・マンデイ』での芦名星とか?

シャトーも中々に小洒落てて素敵だね。

レッド・ガーランド Red Garland Revisited 大好きなベーシスト、ポール・チャンバース ケニー・バレル トミー・フナラガン カーティス・フラー  Jazz It's Magic
お供なジャズはお洒落なワインに合わせ、古き良き時代のお洒落なジャズを!

今夜はLPレコードです。1枚目はレッド・ガーランドの『Red Garland Revisited』。コロコロと小気味好く転がるような軽快な指さばきが心躍るジャズ。大好きなベーシスト、ポール・チャンバースが入ってる。ゲストでケニー・バレルがギターを弾いているのもお洒落。

2枚目はピアニスト、トミー・フナラガン名義で出たり、トロンボーン奏者のカーティス・フラー名義で出たり、はたまたジャケットが2種類あったりと、いろいろ曰くのあるアルバム『Jazz It's Magic』。

トミー・フナラガン カーティス・フラー Jazz It's Magic
トミー・フラナガンのピアノ、ルイ・ヘイズのしなやかなドラムワーク、カーティス・フラーの色気あるトロンボーン、そして同じく艶のあるソニー・レッドのアルトサックス。とっても素敵でお洒落なジャズが出来上がってる。

ちなみに現在購入できるのは、写真のジャケットのものだけっぽい。これはたぶん再発になった際のジャケット。

今夜は初物のオーストリアワインと素敵なジャズを組み合せ、素敵な夜になりました。

それにしてもオーストリアにこんなエレガントな赤ワインがあるとはね〜

素敵なオーストリアワインに驚き、そして感動した夜です。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: オーストリアの素敵な地ブドウ『Blaufränkisch
(ブラウフレンキッシュ)』に酔う夜
.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1011

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2013年1月19日 17:37.

人生初のチェコのシャルドネ『U DVOU LIP』 was the previous entry in this blog.

シエラ・ムーンの市之瀬千代さんが来日! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01