ブリュンデルマイヤーのツヴァイゲルト
(ZWEIGELT)とビル・エヴァンスの幻に酔う夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
またまたオーストリアの謎のワインです。

写真のヴィリー・ブリュンデルマイヤーWilli Bründlmayer)という人が造るツヴァイゲルト (ZWEIGELT)というブドウからの赤ワインです。

ヴィリー・ブリュンデルマイヤー Willi Bründlmayer

ヴィリー・ブリュンデルマイヤー Willi Bründlmayer ツヴァイゲルト ZWEIGELT
色はかなり濃い目。目の詰まった凝縮感がある。

味わいは、コート・ロティのような感じ。ブラインドで問われたら、シラーと答えるであろうワイン。

このツヴァイゲルト (ZWEIGELT)というブドウは、先日飲んだラウフレンキッシュSt.ラウレントというブドウを交配されて造られたものらしい。

交配した人がフリッツ・ツヴァイゲルト博士だそうで、彼の名前から名を取ったとか。

ウィーンから北西に70km程に位置するランゲンロイスLANGENLOISER)というところで造られてる。自然の豊かなのどかなところにあるワイナリー。下の写真がワイナリーの中のどこからしい。タグ付けされてた。

ヴィリー・ブリュンデルマイヤー Willi Bründlmayer ツヴァイゲルト ZWEIGELT

オーストリアのワインがこんなにもレベルが高いとは、ほんと、驚きです。

ビル・エヴァンス Top of the Gate エディ・ゴメス マーティ・モレル ジョージ・クラビン
お供のジャズがまたメチャ素敵!

最愛のビル・エヴァンスの発掘物、1968年10月23日、ニューヨークのTop of the Gateというジャズクラブでのライブ盤。それも2ステージを曲順の並べ替えもなく、そのままパックしている。

ジョージ・クラビンという当時22歳だった若手エンジニアが2chダイレクト録音をしたもの。

メンバーがまた貴重。新生ビル・エヴァンストリオ発足ということで、ベースにはエディ・ゴメス、ドラムスがマーティ・モレル

ファースト・セットのEmilyからもうビル・エヴァンスの世界が目の前に広がる。演奏も音質も、すべてにおいて素晴らしい作品。目の前にTop of the Gateな世界が広がる。

ビル・エヴァンス Top of the Gate エディ・ゴメス マーティ・モレル ジョージ・クラビン

今夜はオーストリアの珍しいワインとビル・エヴァンスの幻のジャズに心地よく酔う素敵な夜です。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ブリュンデルマイヤーのツヴァイゲルト
(ZWEIGELT)とビル・エヴァンスの幻に酔う夜
.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1013

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2013年1月26日 14:37.

シエラ・ムーンの市之瀬千代さんが来日! was the previous entry in this blog.

シエラムーンの市之瀬千代さん、ついにナイショのバーに登場! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01