メルボルンへの旅(3) ヤラヴァレー&「Walter's Wine Bar」アゲイン!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
ヤラヴァレー ドメーヌ・シャンドン
メルボルン2日目は、16時過ぎに仕事を終えた。

聞けばそこから車を飛ばす事30分くらいでヤラヴァレーに行けると!

通訳の日本人女性に先導していただき、さらに「今から行くから! すぐ着くから!」と電話もしていただき、ヤラヴァレーに突撃です!

ヤラヴァレー ドメーヌ・シャンドン
最初に寄ったのは、フランスのシャンパン大手、ドメーヌ・シャンドン

スパークリングのほか、珍しいピノのスティルワインを試飲できて大満足。

帰路がソウル経由でなければこのピノを買って帰ったんだけどね〜

続いて老舗中の老舗、前夜飲んだYERING Stationを目指す。明らかに閉まる時間の17時は過ぎてるし、だだっ広い原っぱの中、道にも迷った。

途中、突然の10分間くらいのスコールの後、空には突然の虹!

メルボルン ヤラヴァレー 虹

メルボルン ヤラヴァレー YERING Station
写真を構えていたら、途中から2本の虹に変わった!

何か縁起いいね〜

で、迷いに迷って何とかYERING Stationに辿り着き、一通りすべてを試飲させていただきました。

もう素晴らしいの一言で、帰路の問題を忘れ、3本のReserveを買ってしまいました〜

メルボルン ヤラヴァレー YERING Station

写真の通り、ここは1859年創設、1889年にはパリ万博で賞も受賞したという老舗のワイナリー。

メルボルン ヤラヴァレー YERING Station

メルボルン Walter's Wine Bar コリオール ロイドリザーブ・シラーズ Coriole Lloyd Reserve Shiraz
素晴らしいところを訪問できました。

そして市内に戻り、通訳の方とワインタイム!

前日と同じ「Walter's wine Bar」に繰り出しました。

開けたワインは、『コリオール ロイド リザーブ・シラーズ(Coriole Lloyd Reserve Shiraz) 2002』というヴィンテージ物。

とてもアダルトな感じの穏やかでシルキーな大人のシラーズ。南仏系に近い世界感。

メルボルン Walter's Wine Bar コリオール ロイドリザーブ・シラーズ Coriole Lloyd Reserve Shiraz

Walter's Wine Bar メルボルン
ヤラ川の素敵な夜景に既にヤラレそうな中、このワインにも心ヤラレる。

シメにデザートワインとしてレイトハーベストを2種類出してもらったけど、いずれも甲乙付け難い逸品。

ペドロヒメネスのようなシェリーっぽさもあるし、でももっとフルーティーな世界感もある。

素敵なワインでたった2日間の慌ただしいメルボルンの夜を締めくくりました。

メルボルン、最高! また来たいな〜

Walter's Wine Bar メルボルン

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: メルボルンへの旅(3) ヤラヴァレー&「Walter's Wine Bar」アゲイン!.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/944

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2012年8月12日 15:34.

メルボルンへの旅(2) 素敵なワインバー「Walter's Wine Bar」を発見! was the previous entry in this blog.

ソウルの空の下で飲む4年物のボジョレー・ヌーボー is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01