ナイショのバーでまったりジャージーに過ごす夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
エスぺランザ・スポルディン Esperanza Spalding
本家ナイショのバーはいつも素敵な料理と素敵なジャズと素敵なワイン&ウイスキー&カクテルで僕を癒してくれるサンクチュアリ。

まさに地上の楽園!

今夜入った時に流れていたのは、聴いた事のない女性ボーカル。激しいバップ系のトランペットも入ってる。なんだこりゃ??

エスペランサ・スポルディング Esperanza Spalding
聞けば若手の女性ベーシストで歌も歌うエスペランサ・スポルディングEsperanza Spalding)という人のアルバム「Esperanza」とのこと。

ちょっと女性とは思えない太く沈み込むような弾けるベースのトーンが凄い! 大柄の黒人男性のベースとしか思えない。

このエスぺランサオバマ大統領がファンらしく、これまで2回もホワイトハウスでプライベートライブを開催してるそうだ。

そして、いまネットで見てみたら、本年2月、第53回グラミー賞にて見事“最優秀新人賞”を受賞してる!

う〜ん、こんな新しい人のアルバムを持ってるとは、本当にナイショのバー、恐るべし。

ザ・フェイマス・グラウス The Famous Grouse
エスぺランサに合わせるスタートアップは、ブレンデッド・スコッチ、ザ・フェイマス・グラウス(The Famous Grouse)ハイボール。古き良きスコッチな世界。

穀物の香り豊かで美味しい〜

エスぺランサのベースも若手とは思えないレガシーな感じのトラディショナルなベース。このトラディショナルなスコッチとは素敵な組み合せ。

お料理もまたまた素敵。

ナイショのバー
まずはブロッコリーを茹でてタプナードソースで食べる。いつ食べても美味い! トラディショナルなスコッチと良く合う。

続いて万願寺唐辛子とプロシュートのソテー。これまた野菜としての旨味が幸せを感じるプレート。

ここでもう1杯、ハイボール

モートラック MENSES 星座シリーズ
イタリアンなお洒落なボトルを森浦君に選んでもらった。出て来たのはスペイサイドモートラック

詳細不明なれど、どうやらイタリアでボトリングされたレアな「MENSES 星座シリーズ」というものらしい。エチケットが実に素敵。これまた自然な旨味が詰まった骨があるけど香りがよく、そして舌触りも優しい素敵なウイスキー。

カレドニア・オーストラリス ポリー・ギボンズ Polly Gibbons バン・バン
さてさて、次なるお料理は初物、山えのきとルッコラのバターソテー。美味い!! これはバターっぽいシャルドネに行くしかないね!

ってことで選んだワインは、カレドニア・オーストラリスのシャルドネ。ムルソーのような素敵なシャルドネです。山えのきとルッコラのバターソテーに実にピッタリ!

ここでジャズはポリー・ギボンズPolly Gibbons)の「バン・バンに変わった。パワフルなボーカル。詳細は上記リンクにて!

バレンシア ゲヴュルツトラミネール カサ・ベナサル CASA BENASAL
ここで今夜のメインディッシュ、大和芋のローストの登場! 毎度、厚切りのパンチェッタに頬が落ちそう。

ワインは何とスペイン南西部、バレンシアゲヴュルツトラミネールを使ったという素敵でかつ不思議なワイン「カサ・ベナサルCASA BENASAL)」。

ゲヴュルツトラミネールはアルザスなど、冷涼な地域で栽培されるのが普通。

バレンシア ゲヴュルツトラミネール カサ・ベナサル CASA BENASAL
カリフォルニアでも北端のアンダーソンヴァレーとかでは造ってるけどね、まさか温暖なバレンシアで育てているとは。

柑橘系の穏やかな酸味とミネラル感が心地よい。ゲヴュルツトラミネールらしいライチや金木犀のような香りは控えめ。言われないとゲヴュルツトラミネールとは思わないかもね。

ここで次の3枚目のジャズ! って、一体何時間ここに居るんだろう!?

グレッチェン・パーラト Gretchrn Parlato In a Dream
グレッチェン・パーラトGretchrn Parlato)の「In a Dream」というこのアルバム、ミステリアスな歌声、そして骨太いニューヨーカーたちの演奏でかなり引き締まった作品。

アメリカの人材の底の広さを痛感するね〜 まだまだ知らなくても凄いミュージシャンがたくさんいるんだな〜

来週、久々にニューヨークに行きます!

セレシン ハリー・ポッターとアズカバンの囚人 マイケル・セレシン
過密スケジュールゆえジャズクラブに行く時間は難しそうだけど、本場のジャズを聴きたいな〜

ニューヨークならどこに行っても、誰が演奏していても、それが例え日本では無名な人だったとしても、きっと感動する演奏に違いない。

そしてワインはセレシンへ。

パンチェッタの脂をセレシンのきれいな酸で流す感じが心地よい。


シメはフルーツとカクテル。

ナイショのバー ギムレット
マスターの増田さんが厨房から出て来たので、久しぶりにギムレットを創ってもらった。このギムレット、いつ飲んでも変わらずに美味い!

ギムレットに浸っていたら、またまたジャズが次へ進んだ。

ウルフ・ワケニウスUlf Wakenius)というギタリストの「Notes From the Heart: Music of Keith Jarrett」というアルバム。

ウルフ・ワケニウス Ulf Wakenius Notes From the Heart: Music of Keith Jarrett
そう、このアルバムはキース・ジャレットの作品をギターを中心に演奏してる。

ギター、ベース、ドラムスのトリオ、ギターソロ、ピアノとのデュオと多彩。どこまでも美しく、そして透明感のあるサウンドに心酔う。

今夜は素敵なウイスキー、ワイン、お料理、シメのギムレットと、そして4枚のジャズのアルバムで実に長時間に渡りゆったりと、そしてまったりとした時を過ごしました。

そしてもちろん、こんだけ飲めば酔っぱらいました〜 でも幸せな酔いです。

ナイショのバー、最高!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ナイショのバーでまったりジャージーに過ごす夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/796

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2011年6月26日 16:23.

ニュートンのシャルドネとエヴァンチックな夜 was the previous entry in this blog.

初めて飲むギリシャのワイン「アヴァンティス」 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01