小沼ようすけの謎のアルバムとポール・フライシャーで幸せに酔うナイショのバーな夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
今週のナイショのバー、またまた素敵なジャズとワインとウイスキーです(^_^)

ビーフィーター クラウンジュエル 小沼ようすけ Onuma Yosuke
ドアを開けた時に流れていたのは、何とも謎のCD。

若手ジャズ・ギタリスト、小沼ようすけのCDらしく、ジャケットにはアルファベットで「Onuma Yosuke」と書いてある。でも彼のディスコグラフィーには出てこない。何だろうこれ?

誰かこのアルバム、ご存じですか?

この素敵なジャズギターに合わせ、そして1日仕事して喉も乾いてることもあり、スタートアップはジンリッキー

ナイショのバー ビーフィーター クラウンジュエル ブロッコリーのタプナードソース
そしてジンはちょっとだけ普段と変え、ビーフィーターのプレミアムなジン、クラウンジュエル

艶やかで、そして柑橘系の香りと相まって、素敵な大人のジンリッキーです。

さてと、まずはブロッコリーのタプナードソースから行こう!

ブラックオリーブとアンチョビのこのソース、素晴らしい!

瓶詰めにして売ればいいのにな〜 絶対買い占めてやる〜〜

ナディ・フィオリ ハイスピリッツ社 100% isla selection  ISLAY HEAVY
合わせるお相手は、素敵なハイボールです!

イタリアンモルトのカリスマ、ナディ・フィオリ氏のハイスピリッツ社がリリースしてるアイラ・ウイスキー「100% isla selection  ISLAY HEAVY」。

実に旨味のあるウイスキー。エチケットも素敵。アイラ島の風景を描いてるらしい。

ラフロイグカリラボウモアアードベッグの各蒸留所からセレクトしたブレンデッド・モルト・ウイスキー。

ナイショのバー 万願寺唐辛子とプロシュートのグリル
続いてのプレートは万願寺唐辛子とプロシュートのグリル。

これがまた美味いのなんの! こんなに野菜の甘みを引き出したグリルも珍しい。

ここでジャズは韓国の女性ジャズボーカル、ウンサンの『Close Your Eyesに変わった。

大人のディープな夜の闇に響くジャズ。そして心に響くジャズ。ISLAY HEAVYハイボールにピッタリなジャズ。

ウンサン Close Your Eyes

トゥーレーヌ 自然派 ティエリー・ピュズラ ソーヴィニヨン・ブラン
さて、ワインだ!

選んだのは、ロワールはトゥーレーヌの自然派の代表格、ティエリー・ピュズラのソーヴィニヨン・ブラン。

柔らかな柑橘系の香り、温度が低いうちは少し青さを感じ、そして温度が上がると白桃のようなふくよかな香りが立ち上がる。次第にまっとり感が出てくる。

ロワール地方の雄大な大地を表しているかのようなスケールの大きなソーヴィニヨン・ブランです。

ナイショのバー ズッキーニのグリル カレドニア・オーストラリス
続いてズッキーニのグリル。チーズを乗せたこれまた素敵な逸品。

合わせるワインはカレドニア・オーストラリスのシャルドネ。

ミネラル感がたっぷりとした素敵なシャルドネがズッキーニの旨味を引き出す。素晴らしい組み合せだな。

そしてここでまたまたジャズが変わる。本日3つ目のアルバム。

ポール・フライシャー ザット・ブリッジ
流れるジャズは、ニューヨーク生まれでいまは大阪在住のテナー・サックス奏者、ポール・フライシャーの『ザット・ブリッジ』。

このアルバムはポール・フライシャーの3枚目。最初の2枚は日本制作なんだけど、この3作目は故郷でありジャズの王道でもあるニューヨーク録音。

ポール・フライシャー ザット・ブリッジ ケニー・バロン アル・フォスター ボブ・クランショウ
参加してるメンバーが凄い! ピアノは巨匠ケニー・バロン。ドラムスはこれまた巨匠と言うべきアル・フォスター。よくもこんなスター・プレイヤーを集めたレコーディングが出来たものです。

リードから漏れる息づかいすら聴こえるような太く、低く、そして夜の街を彷徨うかのようなテナー・サックス。

いいね〜 ナイショのバーにピッタリ。よくもまあこんなに店に合うCDばかり集めたもんだ。

ナイショのバー 茸とパンチェッタのクリームパスタ セレシン ハリーポッター
シメはたっぷりの茸とパンチェッタのクリームパスタ。これは本当にいつ食べても美味い! 合わせるワインはハリーポッターの撮影監督が造るセレシンのピノ。

そういやこのところ、ハリーポッター絡みが多い? フランスでも賢者の石に遭遇した!

クリームの甘み、種類たくさんの茸の旨味、パンチェッタの脂の甘み、これらにこのピノはピッタリ。料理とワインの組み合せは本当に大事。ピッタリと合うと1+1は5にも10にもなる。

今夜もいい夜だな〜 明日の朝が早いので、今夜はシメのカクテルなしでこれで帰ろう。

今夜は小沼ようすけウンサンポール・フライシャーの大人なジャズに酔い、ナディ・フィオリIslay Heavyティエリー・ピュズラのソーヴィニヨン・ブラン、カレドニア・オーストラリスのシャルドネ、セレシンのピノに酔い、そして素晴らしい料理の連発に酔う幸せな夜です。

おやすみなさい〜〜

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 小沼ようすけの謎のアルバムとポール・フライシャーで幸せに酔うナイショのバーな夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/792

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2011年6月19日 15:04.

ランディー・ブレッカーと再開したブルーノート東京の夜 was the previous entry in this blog.

上海でホワイトホール・レーンと出逢った! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01