高層階の素敵なイタリアンな夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
都心の高層階にある大人のオアシスとも言うべきイタリアン。地上40階から見下ろす夜景は実に素晴らしい。さて、このイタリアン、どこでしょう?

フランチャコルタ アミューズ ホワイトアスパラガスのスフォルマート “オルトラーナ~菜園風” コンソメスープ 春野菜と筍のタリオリーニ
今夜はまずはスプマンテで。フランチャコルタです。一口のアミューズといっしょに。

サラダは季節の風物、ホワイトアスパラを使ったサラダ「ホワイトアスパラガスのスフォルマート “オルトラーナ~菜園風”」。彩り鮮やかで野菜の自然の甘みが素敵な逸品。

そして最高なコンソメスープとパスタは「春野菜と筍のタリオリーニ」。

これまた野菜と筍をふんだんに使い、カラスミのパウダーを用いた逸品。美味過ぎる!

マアジ MASI アマローネ
そしてメインのワインは、1772年からヴェローナに存続する老舗ワイナリー「マアジMASI)」のアマローネ

アマローネは、陰干しした糖度の高いブドウから造られる凝縮感の高く風味豊かでレーズンのような味わいが特徴なんだけど、このMASIアマローネはもっとずっと自然な感じで、無理な強さや濃さは微塵も感じられない。

ワイナリー自体も古代ローマを想い起こさせるような素敵なところです。

マアジ MASI

褐色和種 あか牛ランプ肉の塩麹漬けグリル
メインは牛のランプ肉を塩麹で漬けてグリルしたもの。

お肉を麹に漬けるなんて驚き!

もちろん、初めての体験です。

漬け込まれたことでお肉は実に柔らかくなり、そして旨味が増してる。アマローネととってもいい組み合せ。

そしてこの上質なMASIアマローネに合わせ、最後はチーズプレート。

チーズプレート
ワゴンで届けられるチーズの数々。僕はブルー系、ウォッシュ系、ハード系(パルミジャーノ)の3種類を少しずつもらった。

そのブルーチーズにはハチミツを少しもらった。これまたアマローネの凝縮感とよく合う。

そしてソムリエに乗せられ、シメの1杯はグラッパ。

ルーチェ グラッパ
サッシカイアやオルネライアなど何種類か持って来てくれたけど、いずれも僕の大好きなもの。

選んだのはルーチェ。アメリカのロバート・モンダヴィがイタリアの巨匠フレスコ・バルディとジョイント・ベンチャーとして立ち上げたルーチェ、そのグラッパは実に美味い。官能的な艶と淡いピンクに近い色合い。

デザートは”モスカートダスティのジュレ レモンとライムのグラニー”。

何とモスカートダスティが封じ込められてる! スプーンで崩すごとに出て来るモスカートダスティの味わいとルーチェのグラッパにメロメロにされました。

高層階の夜景と素敵なお料理とMASIアマローネで幸せに酔う夜です。夜空に乾杯!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 高層階の素敵なイタリアンな夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/780

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2011年5月 8日 17:40.

新店長率いる『RANSEN はなれ』の夜 was the previous entry in this blog.

高層の夜景に溶け込むコッポラのマルベック is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01