アン・アントニオとバルネ・ウィランな夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
サン・アントニオ San Antonio Artisan Series Heritage
今夜は食前酒は17世紀から続く名門アンリ・メールが造る『ヴァン・ジョーヌ アルボア 1989』。シェリーのごとき酸化熟成とナッツのような香り。食欲をそそる。

そしてメインのワインがレア物です!

日本には入って来てないパソ・ロブレスのワイン『サン・アントニオSan Antonio)』。

ローヌブレンドの名手らしい。年末の渡米で買い付けて来たもの。詳細は不明なれど、小さな家族経営のワイナリーっぽい。

サン・アントニオ San Antonio
そのサン・アントニオの中でも「Artisan Series」と名付けられたラインナップの中で今夜の「Heritage」と命名されたワイン、これはシラー、プティ・シラー、ムールヴェードル、グルナッシュから造られたまさにローヌブレンドの極み。

シャトー・ヌフ・デュ・パプを思わせるようなワイン。目の詰まった密度が濃い感じはあるけど、いわゆる濃過ぎる感じの人工的な味わいじゃなく、とってもスムーズな舌触りで穏やか。

素敵なワインです!

バルネ・ウィラン ニューヨーク・ロマンス
そして合わせるジャズはこのお洒落なワインに合わせ、お洒落な作品を選んだ。

そう、洒落たサックスの演奏で有名なバルネ・ウィランの『ニューヨーク・ロマンス』です!

ジャケットが実にソソリます。

サン・アントニオ San Antonio Artisan Series Heritage アンリ・メール ヴァン・ジョーヌ アルボア
バルネ・ウィランは映画「死刑台のエレベーター」に参画したことで表舞台に立ったサックス奏者。この『ニューヨーク・ロマンス』に中でも「死刑台のエレベーター」のテーマ曲、「危険な関係のブルース」を演奏している。

そしてこのアルバム、実は不思議な事があります。よく見てもらうと、再発になるたびに微妙にジャケットが変わり、実は女の人の姿勢で2種類、また1つの種類の中でアルバムタイトルの表記位置が上か下かがあり、計3種類のジャケットがある。カラーとモノクロもあり、超不思議。

1つのアルバムでこれは珍しいよね〜

バルネ・ウィラン ニューヨーク・ロマンス

そんな艶っぽいバルネ・ウィランのサックスと深みのあるサン・アントニオに酔う夜です。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: アン・アントニオとバルネ・ウィランな夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/769

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2011年4月24日 17:22.

フランク・カタラーノ&ランディー・ブレッカーの熱いライブとシャトー・セントジーンな夜 was the previous entry in this blog.

福岡を去ることになった夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01