マドンナとエンシェント・クランとレッドウッド・クリークとエヴァンチックな夜

| | コメント (1) | トラックバック (0)
全力で疾走した3月。疲れ切った3月。そんな3月が終わり、そして1つ乗り越えてまた次の課題にまみえる4月が始まる。

4月を疾走するためにも3月までの疲れをリセットしないと!

マドンナ
今夜は久々のナイショのバー No.2です。珍しくドイツのマドンナなんぞが空いてたので、食前酒には甘いかなと思いつつ、1杯。懐かしい味です。

僕は初めてワインに接したのは実はドイツワイン。当時、渋谷にラインガウというドイツ料理屋があって、そこで数々のドイツワインを飲む事でワインが好きになった。

そこからイタリアへ進み、全州のワインを制覇した。そして次はフランスへ進み、30代半ば近くになり、カリフォルニアに目覚め、そしてのめり込んだ。最後は自分たちでワインバーの経営にまで手を染めた。

エンシェント・クラン トマーティン蒸留所
そんな懐かしいドイツのマドンナからスタートしたが、どうも喉越しが物足らない。次なる飲み物は、トマーティン蒸留所で造られるエンシェント・クランハイボール。初めて飲むウイスキー。上品な穀物の旨味とほのかな甘み。中々です。

物の本に寄れば、トマーティン蒸留所はロンドン北西約900Km、ネッシーで有名なネス湖にも程近い人口約500人の小さなトマーティン村にある。「トマーティン」とは蒸留所の位置する村の名前のほかに、スコットランドの古語(ゲール語)で“ネズの木の茂る丘”という意味があるそうだ。静かなる森の奥で眠るウイスキーに浸る気分は最高!

レッドウッド・クリーク
そしてメインたるワインは、ソノマレッドウッド・クリークのピノ。カジュアルなワインだけどカリフォルニアらしくっていい感じ。でもちょっと南仏ローヌ系な凝縮感と香りがあるかな。もう一歩上品で可愛らしい味わいになるとよりいいんだけどね。まだ2009年なので、若いからかもしれない。

ちなみに「レッドウッド」とは太古からカリフォルニアに自生する赤杉。クリークとは小川。そんな自然に満ちた場所で造られるワイン。エチケットにも赤杉の森と真ん中に小川が流れてる。

これらマドンナエンシェント・クランレッドウッド・クリークを支えるジャズはビル・エヴァンス最晩年の発掘物、ロンドンのロニー・スコットというクラブでの演奏「COMPLETE LIVE AT RONNIE SCOTT'S 1980 」。

Bill Evans COMPLETE LIVE AT RONNIE SCOTT'S 1980 ビル・エヴァンス
8月初旬の演奏らしい。9月15日に没してるので、まさに1ヶ月ちょっと前の貴重な演奏。

この最晩年のトリオはベースが若手のマーク・ジョンソン、ドラムスがジョー・ラバーバラという素晴らしい組み合せ。

1つ1つの響きが心にシミる。燃え尽きようとするビル・エヴァンスの疾走して駆け抜けるかのような、これまでとは一味違う演奏、それを支えるマーク・ジョンソンジョー・ラバーバラ最後の1ヶ月のビル・エヴァンスはこういう演奏が多い。

素敵なお酒と貴重なビル・エヴァンスのライブで人生を考える夜。ビル・エヴァンスが駆け抜けて51歳で天に召されるその歳まで、気付けば僕もあと2年。何かいろいろ想うところがあるよね〜

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: マドンナとエンシェント・クランとレッドウッド・クリークとエヴァンチックな夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/764

1 コメント

世界一流ブランドコピー超人気専門店
信用第一、良い品質、
低価格は私達のち残りの切り札です。
送料は無料です(日本全国)!
ブランドコピー 代引きN品をご 購入の方は、こちらへ.
弊社は正規品と同等品質のコピー品を低価で お客様に提供します!
すべての商品は品質2年無料保証です。
スーパーコピーブランド https://www.gmt78.com/article/ems/detail/1755.htm

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2011年4月 3日 23:38.

記者会見な夜の今年1年を懸けた固めの杯 was the previous entry in this blog.

今は無きローズバンク、崇高なクーブレイ、ハリーポッターなワインとウンサンのボーカルな夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01