ヴァン・ジョーヌとキュペとエヴァンセンスな夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
墓参り
久しぶりに祖先の墓参りに行った。なぜか先日、突然夢に出たんだよね...

このところ日本と僕は激震中。未曾有の大震災が発生したし、そして僕の経営する会社も大きな変革期で大激動の真っ只中。

きっと亡き母が報告を求めたんだろうな〜

ドメーヌ・ド・ラ・パント シャトー・シャロン Domaine de la Pinte Chateau Chalon
そんな夜の食前酒はジュラ地方黄色いワインと言われるヴァン・ジョーヌ、「ドメーヌ・ド・ラ・パント シャトー・シャロン 1996 (Domaine de la Pinte Chateau Chalon)」。

シェリーのように積極的に酸化熟成していて100年以上も保存可能と言われるヴァン・ジョーヌ。その中でもドメーヌ・ド・ラ・パントシャトー・シャロンはこのAOCの代表格。

まさにシェリーです。今夜は少し冷やし目にして飲んだけど、ナッツのような香り、トースト香など、シェリーそのもの。食前酒に最適。

ドメーヌ・ド・ラ・パント シャトー・シャロン Domaine de la Pinte Chateau Chalon

フレッド・ハーシュ ビル・エヴァンス エヴァンセンス Evanessence
そして今夜のジャズはフレッド・ハーシュビル・エヴァンスをトリビュートした作品「エヴァンセンスEvanessence: Tribute to Bill Evans) 」。

ビル・エヴァンスを愛するフレッド・ハーシュビル・エヴァンスの最後のベーシストとなったマーク・ジョンソンなどと録音した作品。

ヴァイブのゲーリー・バートン、ハーモニカのトゥーツ・シールマンなどがゲストで参加してるのも楽しい。

キュペ QUPE Bien Nacido Hillside Estate
ワインは年末の渡米でサンルイス・オビスポのパートナーから贈られたサンタマリア・ヴァレーの逸品、キュペQUPE)のシラー。

スタンダードな畑指定の無いものは日本でも手に入るけど、いただいたこのワインは「ビエン・ナシードBien Nacido Hillside Estate」という畑のスペシャルキュヴェ。

カリフォルニアでのローヌ系ブドウの造りの名手、ボブ・リンクイスト氏が造るキュペ。これはほんと、旨い! ドジャースファンで常にドジャースのシャツを着てるというボブの造る果実味と旨味が溢れ出るワイン。

キュペ QUPE Bien Nacido Hillside Estate
今夜はドメーヌ・ド・ラ・パントシャトー・シャロンフレッド・ハーシュエヴァンセンスと、そしてQUPEに酔う夜です。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ヴァン・ジョーヌとキュペとエヴァンセンスな夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/762

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2011年4月 3日 18:38.

ROBERT HALLと中本マリな夜 was the previous entry in this blog.

記者会見な夜の今年1年を懸けた固めの杯 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01