2日続きの固めの杯

| | コメント (0) | トラックバック (0)
ドメーヌ・ジャン・ラルマン JEAN LALLEMENT
今週はいろいろな意味でヘビーだった。

この厳しい状況で僕を支えてくれる頼れる女史2名と今宵は武千代でシャンパンな夜です。

ヴェルズネイ村ラルマン夫妻が運営する小さなドメーヌ、ドメーヌ・ジャン・ラルマンJEAN LALLEMENT)がピノ・ノワール 100%で造るロゼなシャンパンです。

とても柔らかいシャンパン。

泡が舌を刺激するんだけど、何ともそれが柔らかい。ガス圧が低いという柔らかさじゃなく、しっかりとガスは入ってるんだけど、当り方が柔らかい。

何とも艶のあるシャンパンです。

ドメーヌ・ジャン・ラルマン JEAN LALLEMENT

ドメーヌ・ダルデュイ D'Ardhuy
イベリコ豚に合わせ、シメにコルトンを代表する生産者「ドメーヌ・ダルデュイD'Ardhuy)」をグラス一杯いただき夜は更けました。

これまたトロけるくらいの上品なワイン。

このメンバーと共に何としても勝ち抜くぞ!


そして、次の日はもう一人の僕を支えてくれる頼もしい男と朽ち果てるまで飲みました。場所は「RANSEN はなれ」。

肝臓の大きな男ゆえ、ガッツリと行きました!

オーボンクリマ ノックス 市ノ瀬千代 シエラ・ムーン プティ・シラー
まずは大好きなオーボンクリマの長男の名を冠したノックス。実に広がりのある華やかで洒落たワインです。

そしてもう1本、どうしても彼に飲ませたかった市ノ瀬千代さん造るシエラ・ムーンプティ・シラー

プティ・シラーとは思えないシルキーで柔らかく、そしてとっても上品なワインです。

カプコン 辻本憲三 ケンゾーエステイト rindo 紫鈴
最後にグラスで1杯、カプコン辻本憲三さんが立ち上げたワイナリー「ケンゾーエステイト」の「rindo紫鈴)」をグラスでいただいた。rindoをグラスで出してるなんて、都内でも絶対にここだけだと思う。

最高のワインでここから先のビジネスをじっくり語った夜です。

その後のストーリもあるのですが、それはまた、別の話...(解る人には解る「王様のレストラン」より...

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 2日続きの固めの杯.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/772

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2011年4月24日 23:55.

ソーコルブロッサーとメディトリーナとハートノートな夜 was the previous entry in this blog.

ニコルス&マイルスな夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01