参謀たちと生き抜く議論を尽くす武千代な夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
いま会社の経営はほんと、超苦しいです。IT業界全般に吹き荒れる不況と構造改革の波、そして顧客側の業績悪化。すべてが負のスパイラルとして重く僕らにのしかかってきてる。

ドメーヌ・ユエ ヴーヴレイ
そんな状況を打破すべく、僕といっしょに戦ってくれてる参謀たちと武千代な夜を過ごした。彼らの活躍に支えられて僕も頑張ってる。ほんと、感謝です!

さて、武千代はもうすっかり秋の装いです。飲み物はそれらの料理に合わせ、今夜はワインじゃなくスパークリングにした。それも珍しいロワールはヴーヴレイの1987年物『ドメーヌ・ユエ 1987』。淡い黄色に細かく繊細な泡。熟成香はあまりなく、まだまだ長期にわたって熟成しそうなポテンシャルを感じるスパークリング。

料理は凄いよ! ブリに始まり金目鯛のお刺身、チーズの入った素敵な茶碗蒸し、アワビの煮込み、珍しいかんぱちの塩焼き、鹿焼き、シメは秋刀魚の炊き込みご飯。素晴らし過ぎる! かんぱちなんてお刺身でしか食べたことないしチーズの入った茶碗蒸しは特許出願だよ!

武千代
ドラピエ シャンパーニュ・ブリュット・ナチュール・サン・スフル・ノン・ドゼ・ブラン・ド・ノワール
そしてこれらの素敵なお料理とともに、あっという間にドメーヌ・ユエは開いちゃった。そこでグラスで出してもらったのがとってもレアなシャンパン。ドラピエの『シャンパーニュ・ブリュット・ナチュール・サン・スフル・ノン・ドゼ・ブラン・ド・ノワール』。

シャンパンは門出のリキュールと言って、出荷前に甘みを調整する意味もあり、甘口のリキュールを少し加える。この作業をドサージュと言うんだけど、このシャンパンはそれを一切してない。

ドラピエ シャンパーニュ・ブリュット・ナチュール・サン・スフル・ノン・ドゼ・ブラン・ド・ノワール
ドサージュのないシャンパンがあるなんて知らなかった。ビックリ! そしてピノ・ノワール 100%です。

実に凛とした骨格のしっかりとしたシャンパン。最初のヴーヴレイのフワッと舌を包み込むかのようなシルキーなスパークリングとは対局。山川さん、実に素晴らしいチョイスです。このドラピエ、本当に美味い!

シャトー・シモーヌ
そしてシメに実に素敵なロゼを1杯。プロヴァンスのパレットという小さな街で造られてるシャトー・シモーヌのロゼです。写真で見る通りのきれいな色合い、その色合いそのもののような香しいロゼです。こんな素敵なロゼがあるとは! 艶もある。

美味しい料理と美味しいワイン・シャンパンで明日への英気を養った夜です。そしていろいろな事をディープに語る事が出来た夜です。実に有意義で、かつ素敵な時間。

我が参謀たち&武千代は最高!! さ、頑張るぞ!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 参謀たちと生き抜く議論を尽くす武千代な夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/683

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2010年10月31日 16:25.

デジャヴのピノに出会った夜 was the previous entry in this blog.

超久々のナイショのバー No.2とクロ・ペガスな夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01