進藤陽悟と再開した夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
進藤陽悟 Time Never Flows
若手気鋭のジャズ・ピアニスト、進藤陽悟

僕のジャズレーベル『ハートノート』も手伝ってもらったことがある。

細野義彦さんのライブ、そしてジャズ・バイオリニストのマイコさんのCDデビューアルバムの記念ライブを渋谷のJz Bratで開催した際もピアノは進藤陽悟さん。

そんな彼がホテル・ニューオータニのラウンジに出てた! 思わず懐かしくって覗いちゃいました!


進藤陽悟 Time Never Flows
彼は今月、待望のソロアルバム『Time Never Flows』をリリースする。4枚目のアルバム。サイン入りでこれをいただいちゃいました!

進藤陽悟の素敵なピアノを聴いた後、ニューオータニの著名なバー、そう麻生首相もよく来ていたバー・カプリへ顔を出した。

まずはボンド・マティーニを。そしたらさすがバー・カプリ、現在のバージョンで行きますか? レガシーに行きますか?、だってさ!


ボンド・マティーニ ヴェスパー・マティーニ
そう、現在のボンド・マティーニ007カジノ・ロワイヤルボンドがレシピを明らかにした別名ヴェスパー・マティーニ。女性スパイ、ヴェスパーにちなんで命名されてる。

写真の通り、ベルモットの色が薄い琥珀色に染まり、レモンピールが踊っている。

何とも素敵な空間を演出している。そして実に柔らかな舌触り。

続いてもう1杯、今度はレガシーの方のボンド・マティーニをいってみた。

こちら、ボンドがウォッカ・マティーニと呼ぶように、ウォッカで作る。これまたとっても柔らかい味わいで、ツンとしたところがまったくない。素晴らしいボンド・マティーニです。

ブルックリン
シメはブルックリン。こちらもきれいな琥珀色に染まった最高のナイトキャプ(寝る前のお酒)。いずれも同じバーテンダーが作ってくれたんだけど、きっとこれは彼の個性だね。どれも舌触りがとってもシルキーな感じ。カウンターから見ていて、シェークしてもステアしても、どちらもとってもスムーズな味わい。

進藤陽悟に酔い、そして素敵なカクテルに酔った夜でした。おやすみなさい〜〜

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 進藤陽悟と再開した夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/659

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2010年9月 5日 16:15.

ナイショのバーでもロゼな夜! was the previous entry in this blog.

スペインのロゼ、ボデガ・イヌリエータに心射抜かれた夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01