名門シャプティエのオーストラリアは深い!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
ローヌの名門シャプティエがオーストラリアでワインを造ってる。これ、美味すぎる!

シャプティエ オーストラリア Domaine TOURNON Mount Benson
今夜のは『Domaine TOURNON Mount Benson 2004』。オーストラリアらしく、一応はシラーではなくシラーズって書いてある。まさに南仏ローヌの北端、コート・ロティかのごとく、実にシャープで深みがあるワイン。インクのような色合い、土の香り、微かなる胡椒のような空気。どれをとっても最高のシラーです!

ちなみに2007年は「SHIRAZ or SYRAH」と書いてある。何か意味深げ...

フランスではボルドー、ブルゴーニュ、ローヌといった名醸地の面々が、かの地ではもうこれ以上の良質な土地がないせいか、世界各地に新たな良質な栽培地を探して展開してる。

ボルドーではロスチャイルドがナパでモンダビと立ち上げたオーパスワンが有名だし、ブルゴーニュでは名門ドルーアンがオレゴンで立ち上げたドルーアン・オレゴンが大成功。このシャプティエのオーストラリアも素晴らしい”作品”!

世界に飛び出す勇気を持った伝統あるワイナリーに乾杯!
ほんと、感動物です!
あ、そしてこの2004年はあと残り1本になっちゃった...

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 名門シャプティエのオーストラリアは深い!.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/632

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2010年7月11日 23:59.

クロ・デュ・ヴァルのクラシック・ピノとシンコな夜 was the previous entry in this blog.

シンコの写真があった! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01