クロ・デュ・ヴァルのクラシック・ピノとシンコな夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
シンコ
もう夏です。夏になると魚も種類が変わる。大阪で言えば鱧(はも)、鮨屋で言えばシンコが出て来ると夏!

シンコはほんと、夏の風物詩です。コハダが小さい時にシンコと呼び、4〜5枚重ねて握りにする。

ほら、光ってて美しいでしょ! シンコの鮨を食べるとほんと、夏を感じる。

シンコ コノシロ
ちなみにシンコって出世魚で、シンココハダナカズミコノシロと大きくなっていく。大人になったコノシロはこんな魚らしい。コノシロとして食べるのかどうかはわからないけどね。

クロ・デュ・ヴァル クラシック・ピノ
合わせたワインは、ナパの古参の名門クロ・デュ・ヴァルクラシック・ピノと命名されたピノ・ノワール。

果実が豊富なれど甘みや華やかさは控え目で、実に落ち着いたワイン。大人のワインです。ボリュームは本当はあるんだけど、それを表には見せない謙虚さ。ちょっと嫌らしい表現になりますが、女性でも服を着ているとそれほどグラマーに見えないのに、って人がいるよね。まさにそんな感じ。

鮨とクロ・デュ・ヴァルのクラシック・ピノで会話は弾みました。素敵な夜に乾杯!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: クロ・デュ・ヴァルのクラシック・ピノとシンコな夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/631

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2010年7月11日 14:27.

ディズニーの遺産、シルヴァラード was the previous entry in this blog.

名門シャプティエのオーストラリアは深い! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01