株主総会が終わった夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
マキシム・グライヨ ドメーヌ・デ・リゼ Domaine des Lises
この景況下、4期連続の最終赤字、それも前期は巨額の赤字を出した。そんな中での株主総会。さすがに神経が擦り減る。

株主総会が終わった夜、総会を取り仕切った管理部門のメンバーと打ち上げをした。2次会は大好きな五反田のワインバー『エシェゾー

5人いたので2本飲めた。最初に開けたのは、ドメーヌ・デ・リゼDomaine des Lises)のクローズ・エルミタージュ。このドメーヌは、クローズ・エルミタージュの巨匠、アラン・グライヨの息子、マキシム・グライヨが立ち上げたワイナリーらしい。

ドメーヌ・デ・リゼ クローズ・エルミタージュ Domaine des Lises
そういや前にこのエシェゾーでお父さんのアラン・グライヨクローズ・エルミタージュを飲んだな〜

このドメーヌ・デ・リゼクローズ・エルミタージュ、シラーの深さと強さを素直に表現した素晴らしいワイン。カシスやラズベリーなどの凝縮感の高い果実の香り、そしてカカオやモカなどの香りも!

2008年とまだ若いんだけど、でもしっかりと骨格があり、深みがある。実に奥行きのあるスケールの大きなワイン。10年後がとっても楽しみな感じ!

シャトー・ポンテ・カネ
続いては渋くポイヤックシャトー・ポンテ・カネの1994年を開けた。畑がシャトー・ムートン・ロスチャイルドの向かいという絶好のロケーション。

先程のドメーヌ・デ・リゼクローズ・エルミタージュのシラーと対局に位置するトラディショナルなカベルネ・ソーヴィニヨン主体の落ち着いたワイン。16年の時を経て、実にまろやかに熟成を遂げた。静のワイン。実に静かで深みがある。でも芯はまだしっかりしていて、もう10年、きっと熟成する。かなり長熟なポテンシャルの高いワイン。

2種類の個性の違うワインで個性ある僕を支えてくれるメンバーと語る夜は貴重だ。いい夜です。ともかく株主総会が終わりました〜〜

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 株主総会が終わった夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/626

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2010年7月 4日 18:25.

リンコートであの頃を深く想う夜 was the previous entry in this blog.

超久々のナイショのバー No.2 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01