帰国した夜のラ・クレマ

| | コメント (0) | トラックバック (0)
滞在が一日延びて土曜に出て日曜の夜に帰国しました。そんな夜、大好きなカリフォルニアの青い空を想って飲むワインは、ソノマのピノのスペシャリスト、ラ・クレマLA CREMA)の2002年。

ラ・クレマ LA CREMA
ラ・クレマを飲むのは、年末に渡米して帰国出来ずに一人で年越しをした際に飲んで以来。あの時は2007年。まだチェリーっぽさが強く本家ブルゴーニュとはかなり遠い感じがしたけど、こちらの2002年、8年の熟成を経て実に上品なピノに昇華してた。素敵です。

これだけの熟成を見せられちゃうと、何年か前にサンフランシスコで買い付けてきた1989年をいつ開けてみるか、期待わくわくで迷うな〜

素敵なワインで東京のどんよりした梅雨の空気を吹き飛ばし、そしてラ・クレマが造られたカリフォルニアの地を想う夜です。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 帰国した夜のラ・クレマ.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/621

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2010年6月27日 15:34.

渡米最終日のBIN 55と若者とワインの素敵な夜 was the previous entry in this blog.

ロバート・キーナンのカベルネ・フランな夜です is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01