寂しい大仕事を終えた後のキャラバンな夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)
火曜日はディープな1日でした。

人に出会いと別れがあるように、ビジネスにも出会いと別れがある。

これだけ景気が悪いと、いろいろやりたいことはあれど、あれもこれもは出来ない。我がグループに入って4年、ずっと黒字経営を続けてきた孝行息子の子会社を売約した。寂し限りだけど、生き残りを懸けた選択と集中。

この売却を陣頭指揮して成し遂げた役員と火曜の夜はディープにワイン@グレープチョイス。お疲れ様でした!

ダリオッシュ キャラバン
頑張った彼へのねぎらいのワインは、大好きなダリオッシュのスーパー・セカンド、『キャラバン』。実にディープで奥行きのあるワイン。果実のエキスが口の中で爆発するかのような力強さと、それと対局にある優しさ、ベルベットのような舌触りが最高!

それにしても切ないものですね〜 翌日は朝一番にこの子会社に飛んで行き、朝礼で社員の皆さんに最後のご挨拶をしました。挨拶を終え、子会社社長としばらく会話して、そして事務所を出ようとしたら、何と出口に社員が総出で並んで僕を送り出してくれた。涙が止まらない....

ほんと、みんなここまでよく頑張ってくれた。君達の活躍と貢献は一生忘れない! 外界に行ってもみんな、これからも頑張れよ! 俺も頑張るからさ!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 寂しい大仕事を終えた後のキャラバンな夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/582

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2010年4月 3日 22:12.

中世からの伝統、レ・フィエフ・ド・ラグランジュな夜です was the previous entry in this blog.

5,000Km超の旅の疲れをラセターで癒す夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01