シャトー・ドゥ・ヴィオーな夜です

| | コメント (0) | トラックバック (0)
塩鱈と温野菜  キノコのポルトガル風 温野菜のカポナータ  和牛のハンバーグ
水曜日も深夜までバタバタ。ふう〜 そもそも月曜日の福岡日帰りの疲れが抜けてないな〜

今夜もナイショのバー No.2で英気を養う夜。J&Bハイボールと前菜は塩鱈と温野菜、キノコのポルトガル風。鱈の旨味にヒタヒタと浸された野菜が美味しい。

続いて、温野菜のカポナータ。彩とりどりの野菜に絡む素敵なトマトソース。そしてその中に豪快に放り込まれたブロック状に切られたベーコン。ベーコンの旨味がトマトソースに混じり、素敵な世界を演出する。

開けたワインは、ボルドーはラランド・ポムロールの『シャトー・ドゥ・ヴィオー 2002年』のハーフボトル。メルロー主体の柔らかいワイン。疲れたハートにベルベッドのスカーフのごときタッチ。

シャトー・ドゥ・ヴィオー
このシャトー・ドゥ・ヴィオー、あまりメジャーじゃないけど、実にプライス・リーズナブルで美味しいワイン。名醸地ポムロール近郊、ラランド・ポムロールで造られるシャトー・ドゥ・ヴィオー、とてもトラディショナルな大人のワイン。80年代からワインの通販で身を興したフィリップ・ラウーPhilippe Raoux)が率いるワイナリー。

ちなみにこのワイン、造ってるのはかなり高齢のおばちゃん(失礼!)のようです。ほら、この写真の通り。2001年の写真ですが、この女性、マダム・エゴブリュはこの時すでに70歳を超えてるとか!

シャトー・ドゥ・ヴィオー  フィリップ・ラウー  Philippe Raoux  マダム・エゴブリュ
ボルドー右岸のワインらしく、メルローを主体とした柔らかく奥行きのあるワインです。

シメは和牛のハンバーグ。ブイヨンで軽く煮込んで味を染み込ませたパテをバターの香りを付けて焼き上げてチーズを振り掛けた逸品。シャトー・ドゥ・ヴィオーともピッタリ!

さ、今夜はこのくらいでサクッと飲んで帰るぞ〜〜

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: シャトー・ドゥ・ヴィオーな夜です.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/566

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2010年3月 7日 23:20.

J&Bとエバーグリーン・ドラゴンな夜 was the previous entry in this blog.

母の10年祭のサン・シュペリな夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01