1989年のシャトー・ボーモンを飲みながら読むアイラの語源

| | コメント (0) | トラックバック (0)
スコッチウィスキー、その偉大なる風景今夜はいろいろとディープにボルドーやスコットランドに想いを馳せた夜です。

先日、『スコッチウィスキー、その偉大なる風景』という写真満載の素敵な本を入手しました。本なんだけど、写真集に近いくらいスコットランドの自然、アイラ島の自然などを写真で描画してる。深過ぎる〜


ヒッチコック  三十九夜
実は先日、ヒッチコック初期の傑作『三十九夜』を見た。2月にこれを基にした演劇「THE 39 STEPS -秘密の暗号を追え!-を見て感動し、それでDVDを観てみた次第。この映画には主人公がスコットランドの荒野、原野を逃走するシーンが満載。まさにこの『スコッチウィスキー、その偉大なる風景』に出て来るスコットランドの自然そのもの。行ってみたいな〜

で、この本の中で、アイラ島の名産3品、アードベッグArdbeg)、ラガヴーリンLagavulin)、ラフロイグLaphroaig)の語源が解った! 

アードベッグ  Ardbeg  ラガヴーリン  Lagavulin  ラフロイグ  Laphroaig
アードベッグArdbeg)は「小さな岬」、ラガヴーリンLagavulin)は「水車小屋のある窪地」、ラフロイグLaphroaig)は「広い港のそばの美しい窪地」だそうです。また、スカイ島の銘酒タリスカーは「傾斜する岩」という意味だそうだ。たぶんみな現地の言葉「ゲール語」。

シャトー・ボーモン
アイラ島では海岸沿いに蒸留所が立ち並ぶ。アードベッグの「小さな岬」はまさに言い得て妙。

そんな『スコッチウィスキー、その偉大なる風景』を読みながら飲むワインは、ボルドーの『シャトー・ボーモン 1989』。サントリーが出資してる逸品です。フランス革命以前からの名門ワイナリー。

美しいシャトーから送り出される美しいワインです。1989年と言えば、僕は会社の創業2年目。イケイケだったあの頃。まだワインの素晴らしさは解ってなかったな〜

シャトー・ボーモン
スコッチウィスキー、その偉大なる風景』を片手に創業2年目の頃を想い出しながら、そしてまだ見ぬスコットランドの風景を想いながらシャトー・ボーモンに酔う夜です。1989年の残り1本はまだ当分保存だな〜

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 1989年のシャトー・ボーモンを飲みながら読むアイラの語源.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/575

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2010年3月22日 18:36.

激務・激動の週をシメるナイショのバーな夜 was the previous entry in this blog.

グアド・アル・タッソでラ・コロンバを想う夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01