ニコルスな夜に乾杯♩

| | コメント (0) | トラックバック (0)
大好きな大好きなカリフォルニアのワイン『ニコルス。その作者、キース・ニコルス氏とディナーする機会に恵まれたグレープチョイスな夜です!

キース・ニコルス

ニコルス シャルドネ
いやいや、事前に聞いてはいたものの、本当に気さくでブッ飛んだ楽しいオッサンでした。そしてブッ飛んだのはキースだけじゃなく、彼が持ち込んできたワイン!

まずは1998年のまったりと熟成したシャルドネ。ニコルスのシャルドネを飲むのは初めて。

これほど旨味のあるシャルドネは久しぶり。”旨味成分満載!”ってな感じのワイン。ちょっとシェリーのような熟成香、ナッツやアーモンドのような香りもする。素敵なシャルドネです。感動!!

ニコルス ピノ・ノワール
続いてはピノ・ノワール! これは前週も飲んだ1997年のリザーブ。5つの畑からブレンドした最高傑作! 素敵&旨いという以上の言葉は見つからない。


3本目は1998年のメリタージュ。こんなワインがあるとは! メルロー、カベルネ・ソーヴィニヨン、カベルネ・フランによるボルドーブレンド。まさに上質なボルドー右岸系。とっても洒落たワインです。キース・ニコルスご本人のキャラをそのまま描いたかのような素敵なワイン。

ニコルス  メリタージュ  カベルネ・フラン


そして、最後の最後に、本当はお土産にもらって帰る予定だった1998年のカベルネ・フランを開けちゃいました! 僕は無類のカベルネ・フラン好き! ベリンジャーの傑作、サード・センチュリーをはじめ、特にカリフォルニアのカベルネ・フランが好き。

よくカベルネ・フランは青くピーマンのような香りって言われるけど、本物の素敵なカベルネ・フランはそんな単純な青さじゃない。もっと深〜い森の奥深くの静けさとひんやりとした空気感、そして森林浴をしてるかのようなハーブ香が漂う。

今夜のニコルスのカベルネ・フランもそんな静かな森の奥の空気感が漂うとっても素敵なワイン。最後の最後に素晴らしいワインをいただきました。

ニコルス  カベルネ・フラン
キース・ニコルス氏は最初から最後まで明るく元気でちょっと変な(!?)オジサンだったけど、ほんと、彼のこだわりと明るさとそのキャラが活きたワイン群でした。

ニコルスのワインは10年くらいしないと出荷をしない。だからいま90年代後半のワインがリリースになってるんだけど、ほんと、カリフォルニアでの長期熟成によるクオリティーを証明したワイン。

ニコルスにすっかり酔いしれた素敵な夜です。

この夜を企画してくれた輸入元のデプトプランニングさんに感謝です!(写真左の素敵な女性がデプトプランニングの建本さん)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ニコルスな夜に乾杯♩.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/469

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2009年10月31日 23:54.

市村正親とナイショのバーで充電する土曜日 was the previous entry in this blog.

初心に返る1989年のシャトー・パタッシュ・ドーな夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01