大先輩とおでんとグランヴァンに囲まれた幸せな夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜日は福岡の大先輩経営者の方とディナー。西麻布の僕の最近のお気に入り、洋風おでんとワインの店『びのむ』へ出かけた。

ドラピエ 門出のリキュールスタートアップのシャンパンからフルチャージ! 名門ドラピエのピノ・ノワール 100%のシャンパンからスタート。おまけに、シャンパンを出荷する時に甘みの調整として最後に加えるリキュール、通称「門出のリキュール」そのものを味見せせていただいた。なんでも先日、ドラピエ社の方が来日され、シャンパンとともに、この門出のリキュール自体をペットボトルに入れて持ってきれくれたそうです。25年物とか言ってた。これは凄い体験です!

アルザス ポール・ブランク マコン続いて、岩ガキに合わせてアルザスはポール・ブランクのリースリングをグラスでいただいた。シャープな中にたっぷりといたミネラル感、青リンゴのような清々しさを持ち、実に素敵なワイン。

そしてもう一杯、マコンの白をいただく。温度が上がるにつれ違う顔を見せてきた。これまた素敵な白ワイン。

いよいよ”本日のメインイベント~!”、なんと、1983年のシャトー・パヴィを開けちゃいました! いぇい!!

シャトー・パヴィシャトー・パヴィと言えばサンテミリオンの銘酒。その1983年が何ともリーズナブルなプライスでリストされてた。びのむ、恐るべし! 僕はこのシャトー・パヴィが好きで、長女の生まれた年(1995年)のものを1本、ストックしてる。


今夜の1983年のシャトー・パヴィ、26年の時を経て円熟した素晴らしいワイン。角がなく丸く艶やか。美しいという表現が一番似合ってるかな。

今夜の客人は、なんと139年前のシャトー・ラフィットを飲んだことのある方。ご満足いただいけるか心配しながら開けたけど、ほんと、素直に美味しいと言えるワイン。柔らかみと深み、深遠なる魂を見ることが出来る。

ちなみにこのシャトー・パヴィ、ネットで見てみたら、1919年というとんでもにヴィンテージのワインが25万円くらいで売ってた! 凄い??

シャトー・グリュオー・ラローズ ョルジュ・リニエ モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ クロ・デ・ゾルム ドメーヌ・ド・シュヴァリエそしてウルトラ・ノンベーな我々は、このシャトー・パヴィを開けたあと、さらにグラスでワインを飲んじゃいました。ボルドーの名門、『シャトー・グリュオー・ラローズ』、ブルゴーニュはモレ・サン・ドニジョルジュ・リニエの『モレ・サン・ドニ プルミエ・クリュ クロ・デ・ゾルム 2005』。

そして最後の最後の締めに、なんと僕の大好きなボルドーはペサック・レオニャンの銘酒『ドメーヌ・ド・シュヴァリエ 2004』。最高に旨い!

最後のお食事は、なんと岩魚のご飯でした。最初そのまま食し、続いて鴨のコンソメのダシをかけて食し、ほんと幸せです。

今夜もびのむは最高でした! フランスの銘酒をこれでもかと言うほど飲み尽くした夜。そして先輩経営者と久々にゆっくりとお話が出来た夜。

最高な夜です!

ソムリエール・山川玲子さんPS. こう書くと僕が超贅沢してるように思うでしょ? ぜひ一度「びのむ」、お試しあれ! ビックリするようなワインを飲んでも実にリーズナブルなプライシングです。どうやって経営してるのか....

ちなみに今夜は大先輩にびのむの名ソムリエール、山川玲子さんとの写真を撮ってもらいました。お美しい方なので、皆さんに公開!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 大先輩とおでんとグランヴァンに囲まれた幸せな夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/423

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2009年8月16日 16:21.

鮨とベンジャミン・シルバーな夜 was the previous entry in this blog.

次女の12歳を祝うクロ・デュ・ヴァル is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01