ホワイトホール・レーンで”第3の青春時代”を想う夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

僕の3回の青春僕には青春が3回あった。これって、人より恵まれてるかもね~

高校2年でプロのミュージシャンとなり21歳まで続けたミュージシャン時代が第1期。1979年~1983年くらいまでかな。

続いて、25歳で会社を興した後、アルペンスキー(大回転)の草レースにハマって年間50日以上も雪の上を駆け回っていたあの頃が第2期(1988年~1990年)。

そして会社を再起して社員数名の身軽な状態だったからアフターファイブに好きなことができ、ジャズレーベルハートノート(HeartNote)を立ち上げたりワインバー『cure』を手伝ったりしていた2001年~2003年が第3期。もう1回くらい青春って来るのかな...

ホワイトホール・レーン土曜の夜はそんな第3の青春時代の想い出のワイン『ホワイトホール・レーン 1999』を開けた。入手時期ははっきりは覚えてないけど、たぶん2000年代前半。このホワイトホール・レーンは小さなブティック・ワイナリー。2002年に自分たちのワインバーをたたんだ後、そのワインバーで置いてたワインを少しずつ集めた。たぶんその頃の遺物だと思う。1本だけセラーに入ってた。

10年を経たホワイトホール・レーン、これは何とも崇高な香りと重みがあり素敵なワインです。ボルドーのようなハーブ香、森の草木の下生え、土の香りなどがして素晴らしい。時間とともに重みを増した。

そしてこのワイン、どこかピーマンみたいな感じの青い香りがする。この青さは不思議だな~ 僕の今夜の気分を反映したのか...

ジェイク・セレクション・フロム・アヴァンティ

BGMは懐かしいジェイク・セレクション・フロム・アヴァンティ。FM東京の有名な番組「Suntory Saturday Wating Bar "AVANTI" 」からのCD。この番組からはCDのほか、カクテル本が2冊出版されたりしてる。バー・アヴァンティでのお洒落な会話と素敵な音楽をちりばめた番組。このCDはその中で流れる音楽のコンピュレーション。

第2の青春の後、90年代は僕の暗黒期。それを脱するまでの間、ちょうど第2の青春が終って第3の青春を迎えるまでの間の時期、このCDをよく聞いてた。頑張ってるといつかは闇は抜ける! 明けない夜はない! このCDを聴くとそんな事を想う。

今夜はそんな想い入れのあるCDを聴きながら、今やもう輸入されていない貴重な貴重なホワイトホール・レーンを飲んじゃった! 小さなブティック・ワイナリーだから日本への割当ては中々難しいのかな~

素敵なCDと懐かしいワインで自分の”第3の青春時代”を想い出した夜です。

あと3年で50歳。そこから第4回目の青春をしたいな~ ジャズレーベルとワインバーを何としても復活させたい。そのためにもまずは仕事を頑張ろ~うっと!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ホワイトホール・レーンで”第3の青春時代”を想う夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/390

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2009年7月 5日 16:10.

エシェゾーでビジネスを語る週でした! was the previous entry in this blog.

2003年のデュペレ・バレラと僕とハートノートな頃 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01