アンリ・ボノーと猪な夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

水曜の夜、客人と京都懐石『美登里』。ここの大将は毎度、選んだワインから料理を決める。今夜のワインはシャトーヌフ・デュ・パプの名門『アンリ・ボノー』。

アンリ・ボノー シャトーヌフ・デュ・パプって、僕が選んだかのように聞こえるけど、これももちろん、大将のセレクション(^J^) このアンリ・ボノーシャトーヌフ・デュ・パプに合わせ、料理のメインは珍しく野菜でも魚でもなく、なんと猪!!

なんかこう書くとさ、伝説(!?)の番組「料理の鉄人」を想い出すよね~ 食材が決まり、そして料理人が時間との戦いで料理を創造する。何とも素敵な時間が流れていく。

アンリ・ボノーシャトーヌフ・デュ・パプは初めて飲むんだけど、1993年とは思えない実にしっかりとした造り。まだまだ長期に渡って熟成しそうな感じ。

美登里の素敵なお料理抜栓直後は新世界のシラーって感じの強さ、濃さがあったんだけど、デキャンタージュして温度も上がり時間が経ってくると新世界的な感じはまったくなくなり、逆に超トラディショナルな芯の強い深いワインとなった。少しブルゴーニュ的な色彩があるかな。お洒落なワイン。

猪はカラッと揚げたフリット風、そして最後は生姜焼き風の2種類が出た。いずれも肉の旨味を感じる素晴らしい逸品!

素敵なワインと素晴らしい猪と素敵な会話で最高の夜を過ごしました。美登里、最高!!

鮎PS.
写真の魚の頭と尻尾、これな~んだ?

答え) 小ぶりの鮎を焼いた残り。写真に撮ろうと思ってたのに、素敵な香りにやられ撮るのを忘れて食べちゃいました!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: アンリ・ボノーと猪な夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/380

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2009年6月21日 15:42.

ストレス解消にとっておきのベリンジャーを開けた夜 was the previous entry in this blog.

超久々な本家・ヴィアデアでストレスを吹き飛ばした夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01