イニスフリーで心をフリーに、角瓶で頭をカクっとした夜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやく体調も復活してきたし、明日からのまたまたの激戦(!?)に備え、そしてモヤッた頭をリフレッシュすべく、今夜はディープなワインを開けた!

ナパの最もカルトなワインとも言われるジョセフ・フェルプスの『インシグニア』。これは北米市場最高のボルドースタイルのワイン。ワイン論評で著名なスペクテイター誌にて、ここ10年で『世界最高の5本のワイン』に3度も選ばれている超弩級なワイン。

ジョセフ・フェルプス イニスフリーそんなインシグニアも今や3万円を超えるモンスターワインで、おいそれとは飲めない。僕も遥か昔の安かった時代に入手した1980年代、1990年代のヴィンテージがわずかにあるのみ。まさかさ、3万円のワインは買えないよね~

で、今夜のワインは、そのジョセフ・フェルプスインシグニアとかを造った残りのブドウで造るワイン、『イニスフリー』。豊作の年にだけ造るらしい。インシグニアが3万円のところ、3,500~4,000円程度で買える。本数が限られてるから入手するにはタイミングがあるけどね。

今夜のイニスフリーは2006年とまだまだ若い。ナパのカベルネらしい果実味と奥行きを持つけど、インシグニアと比べてもかわいそうだけど、複雑さはないかな..... でもこの値段でこれだけのカベルネ・ソーヴィニヨンはそうはお目にかかれない。伸びやかで、そしてまだまだこれから熟成するバラ色の未来を持つ素晴らしいワイン。幸せに酔いました~

サントリー 角瓶そして食後酒は、サントリーの伝統的ウィスキー『角瓶』。最近はハイボールが流行ってるみたいだけど、僕が今夜飲んだのは、何年か前に出たプレミアムで、この写真の通り、その昔の屋号「壽屋(ことぶきや)」っていう文字が入ってるやつ。

旨味があり、そしてとってもスムーズな何ともレトロなウィスキーなれど、これが僕には最高に懐かしいウィスキー。素晴らしい! 行き付けのステーキハウスでは、まさに最近の宣伝ならぬハイボール(=ソーダ割り)でよく飲むんだけど、本当に素敵なウィスキーです。残り少ないのをいいこと、ありゃ、飲み切っちゃいました~~

今夜はイニスフリーで心をフリーに解きほぐし、そしてモヤった頭を角瓶でカクっとした夜です(^J^)

さ、明日からまた頑張ろ~うっと!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: イニスフリーで心をフリーに、角瓶で頭をカクっとした夜.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/373

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2009年6月 7日 23:21.

ワシントン+イタリア=コル・ソラレな夜 was the previous entry in this blog.

ドルーアン・オレゴンの『ロレーヌ』で祝う夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01