我が片腕とキスラー&モンラッシェで固めの盃!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

月曜日早々、我が片腕の男と固めの盃! リーマンショック後のこの経済環境下、ほんと僕の経営する会社も大変。でも、そう嘆いていても何も変わらない。僕には、僕を支えてくれる頼もしい側近が何人もいる。これだけでも恵まれてる。同じマザーズに上場している会社の社長仲間でも孤独感にさいなまれてる社長は多い。そんな中で、僕の会社には僕&会社を必死に支えようとしてくれる仲間がたくさんいる。こんな時期はそんな仲間の集結力が最後の切り札!

キスラーそんな僕の片腕の男と、何としてもこの苦境を乗り切るぞ!っと交わす盃。場所は大好きな京都野菜懐石『美登里』。この店の大将はワインのストックも凄いし、そして日本酒でも日本で5指に入る蒐集家。時々珍しい日本酒を交えながらワインを酌み交わす夜。

今夜は和食、それも野菜と鱧がメインとあって、白ワインで通した。男のビール、ハードボイルドなビール『サッポロラガービール』で喉の渇きを癒してから、最初に開けたのは、カリフォルニアの地からブルゴーニュ本家、モンラッシェムルソーを超えると評価されるカルトなワインキスラー』のシャルドネ

これ、飲んだことのある方は解ると思うけど、本当に凄い! まっとり黄金色。ナッツやバターの香がして、何とも艶っぽり。こんな旨味のあるシャルドネは中々お目にかかれない。ちなみにキスラーはピノ・ノワールも超弩級に凄い。まさにスーパー・ブルゴーニュ。

シャサーニュ・モンラシェ アングラーダ・ドゥレジェ Anglada-Deleger続いてもう1本、白ワイン。アングラーダ・ドゥレジェAnglada-Deleger)の『シャサーニュ・モンラシェ プルミエ・クリュ』。ヴィンテージは忘れちゃった...

若干スモーキーなトーンで、時間と共に蜂蜜や洋ナシのようなニュアンスも出てくる素晴らしい白ワイン。今夜のメイン料理は、なんと鱧のしゃぶしゃぶ。!! 鱧のしゃぶしゃぶをワインに合わせ、ポン酢とかじゃなく、オリーブオイルとお塩で食べた。素晴らしいマッチング!

我が片腕君に帝王学を伝承することを期し、キスラーシャサーニュー・モンラッシェと、世界のトップワインを開けてみた。大散財だったけど、ま、これが彼に期待する想い、彼に懸ける期待ってことかな。

月曜初日からトップスピンで超美味しいワインの連発! そしてノンベーな我々は、もう十分飲んだのに、この後、いつものナイショのバーに行っちゃいました...

まだ月曜日だっていうのに... 猛反省です....

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 我が片腕とキスラー&モンラッシェで固めの盃!.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/371

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2009年6月 6日 23:02.

フィリップ・メルカの愛 with 江戸時代からの酒蔵 was the previous entry in this blog.

ワシントン+イタリア=コル・ソラレな夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01