夜中にシャプティエのジゴンダスで『固めの盃』!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜日、当社を支えてくださっているビジネスパートナーの会社の幹部の方々と新年会をした。会社近くの鉄板焼きの店でワインを飲み、楽しく語らった。

そして、宴会が開き、みなバラバラになった。23時過ぎ、駅は宴会帰りの人でごった返してる。5分くらい待たされて山手線が来た。乗り込んでふと目をあげると、なんと先程まで飲んでいたビジネスパートナーの会社の方が一人、私のすぐ真ん前にいた! こんなラッシュ並に混み合った電車の方で、それもちょっと前に宴会場の前で別れてバラバラに移動していたのに、何でバッタリと目の前にいるのか!!

シャプティエ ジゴンダスその方は僕より7~8歳若いファイト溢れるビジネスマン。ワインとジャズが好きとのことだったので、何となくこの偶然の遭遇を大事にしたくって、既にもうたっぷりとお酒は飲んではいたんだけど、そして終電の時間も気になるけど、五反田で電車を降り、行き付けのワインバー『エシェゾー(Echezeaux)』に二人で入った。

開けたのは南仏・ローヌ地方の大好きなドメーヌ、シャプティエの造るジゴンダス。ローヌ地方でも南の方に位置するジゴンダスでは、コート・ロティなどがシラー中心なのに対し、グルナッシュを主体に造ってる。ベリー系の可愛らしい香りがして素敵なワイン。僕はこのエシェゾーに来るとよくこのワインを開ける。なんか、ハーブ系のアロマのような感じで気持ちを落ち着かせる効果のあるワインでさ、前回もイライラした夜にここにきて、このシャプティエジゴンダスを開け、イライラを落ち着かせた。

二人でこの香り高いワインをゆっくりと味わいながら、気付けばとうに電車のない26時くらいまで、2時間半も語り合った。美味しいワインは会話を豊かにする。

シャプティエジゴンダスでこれからの我々のビジネスの成功を期して固めの盃を交わした夜。素晴らしい夜だ。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 夜中にシャプティエのジゴンダスで『固めの盃』!.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/273

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2009年1月12日 14:27.

大先輩経営者と飲むローヌ地方の古酒 was the previous entry in this blog.

土曜の夜は“誘惑”という名のワインで! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01