経営者仲間と飲むシャトーヌフ・デュ・パプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シャトー・ヌフ・デュ・パプ
金曜日の夜、僕と同じく新興市場に上場してるベンチャー企業を立ち上げた女性とワインを飲んだ。場所は大好きなビストロ、渋谷のアバスク

東証マザーズや大証ヘラクレスなど、新興市場は今とっても逆風。彼女の会社もいろいろと苦労があり、創業メンバーの彼女は今は会社を離れている。

僕の会社も今は超大変な時期。この11月はいろいろな発表もしなければならなかった。その発表を読んで心配半分、激励半分、訪ねてきてくれた。ありがたいことです。

ギュッと凝縮感のある果実味たっぷりのシャトーヌフ・デュ・パプを開けた。お互いの前途を期して飲むワイン。アバスクで初めてアラカルトではなくコースにしてみたけど、バスク地方の逸品が順番に出てきて実に楽しい~ ルンルン♪

フォアグラをそのままコンソメのスープで茹でて岩塩だけで食べるシンプルな料理や鱈(タラ)のピルピル、バスク豚のローストなど、バスク地方の名物料理のオンパレード。いずれも和田シェフのセンスが光る逸品!

20081128-w2.jpg
最後に、デザートに栗のガトーが出たので、それに合わせ名バーテンダー・佐々木さんにオリジナルカクテルをお願いした。1つは隠し味に抹茶を使ったクリーミーなもの、もう1つはアマレットやグランマニエなどを使った果実味のあるもの。どちらも素晴らしいカクテルでした!

素敵なワインと素敵な料理と素敵な会話を楽しんだ夜。そしてお互いに励まし合った夜。アバスクは一夜の小さな幸せをプロデュースしてくれる素敵なレストランです。

PS. アバスクにて初めてオーナーの大山さんの奥様にお会いしました! お客さんとして飲みに来ていたようなんだけど、大山さんにピッタリな感じの素敵な女性でした!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 経営者仲間と飲むシャトーヌフ・デュ・パプ.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/239

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年11月30日 17:11.

スペインの古酒『マルケス・デ・ヴィトーリア』に酔う夜 was the previous entry in this blog.

米国のワイン資格『CSW』に合格しました! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01