ライブを聞きながら飲むグレッグ・ノーマンのワイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

金曜日は北陸・金沢に日帰り出張。おまけに夕方、東京が悪天候だったようで、羽田が横風が強く中々着陸出来ないとのことで、金沢の空港でかなり待たされた。そして羽田に着いた途端、とっても嫌な仕事の電話が携帯に....

グレッグ・ノーマン カベルネ・メルロー気を取り直して、夜は久々にライブハウスに行った。エイベックスからCDを出した「arvin homa aya」のレコ発ライブ。パワフルな歌声に日々の疲れを忘れて楽しんだ。

飲んだワインはオーストラリアのゴルフの巨匠、グレッグ・ノーマンが造る『グレッグ・ノーマン カベルネ・メルロー 2005』。グレッグ・ノーマンのゴルフのごとき力強さを持つワイン。樽がバチンと効いていてベリー系の香りやタバコやモカなどの香りがし、でも舌触りはシルキーな素敵なワイン。もう少し大ぶりのリーデルのいいグラスで飲むともっと素晴らしいんだろうな~と想わせるワイン。

今日も仕事面ではいろいろとシンドイ一日だった。その疲れた脳味噌を熱いライブとグレッグ・ノーマンの丹精をこめたワインで癒す夜。

誰にも邪魔されず、ひたすら心を解放したひととき~

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ライブを聞きながら飲むグレッグ・ノーマンのワイン.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/212

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年10月27日 01:05.

初めて飲む南仏のピノ・ノワールに癒される夜 was the previous entry in this blog.

ローマ帝国時代に思いを馳せて飲むワイン is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01