玉砕した夜はワインでリセット!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドニャ・パウラ
月曜日、仕事で”玉砕”した夜にいつもの『三幸苑』。

この世界経済混乱下、僕の会社だっていろいろな影響もあって大変。生き残りをかけ毎日必死に動いてる。そんな中、月曜日はズッコケた一日。ある話を3ヶ所にして3ヶ所それぞれで玉砕しちゃった。

そんな夜は気分を変えて美味しいもの食べてワインさ! 今夜は珍しくアルゼンチンのワイン。『ドニャ・パウラ マルベック 2007』を開けた。ドライフルーツのような果実の凝縮感がたっぷりとしていて素敵なワイン。口当たりはとっても柔らかい。焼肉のお肉の脂をサラッと流すようなワイン。さすがにソムリエ、良い組合わせでワインを選んでるな~

このワインを飲んでる間にソムリエが白ワインを2種類、グラスで持ってきてくれた。僕がソムリエに『レイシス1』をプレゼントしたので、その返礼かな(^J^)

ドニャ・パウラ リアス・バイシャス1つは同じドニャ・パウラのシャルドネ。無理に樽を効かせ過ぎた感じがなく、程良いボリュームと酸がきれいなワイン。ミネラル感もたっぷりあり、軽くブルゴーニュ的なバターっぽさもあって素晴らしい。

そしてもう1本、スペインの北端、リアス・バイシャスアルバリーニョ種を使った白ワインを飲んだ。リアス・バイシャスアルバリーニョはとってもスッキリしていて僕も真夏によく飲む。爽やかな白ワイン。食前酒として最適。

 

高畠ワイナリー メルロー
そして一番最後にサプライズが待っていた! 前回三幸苑に来た際、山形の高畠ワイナリーのメルローを一杯ご馳走になったけど、その高畠ワイナリーから、なんと醸造に使うメルローが送られてきて、それを試食した。写真の通り、ブルーベリーかと思うくらい小粒なブドウ。メルローを食べるのは生まれて初めて。超ビックリです。皮をしゃぶるように食べると旨味が口に広がる。そしてソムリエがそれに合わせ素敵なカクテルを創ってくれた。

と、気付くとすっかり時間も遅くなり心身ともに美味しい料理とワインでクルクルと酔っぱらった夜。仕事に玉砕した夜の最高のリフレッシュ! 三幸苑に感謝です!!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 玉砕した夜はワインでリセット!.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/208

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年10月27日 00:11.

カフマン夫妻の造る『ローレル・グレン』に酔う夜 was the previous entry in this blog.

映画『サイドウェイ』のヒッチングポストにシラーがあった! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01