週の終わりの自分解放タイム!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

オールド・クロー金曜の夜はいつもの自分のナイショのバーに引きこもった。いつものようにゴードンジンリッキーで幕を明け、次いで今夜はオールド・クローハイボール。ネットでこのバーのことを検索していたら誰かがブログでハイボールの事を書いていて、無性に飲みたくなった。苦みと甘みと穀物感、それらがすべて炭酸の泡で弾ける感じで素敵! 元々僕はよく家でもサントリー角瓶ハイボールをよく飲むんだけど、ハイボールってやっぱり素敵な飲み物だ。ソーダもとっておきのウィルキンソン。これが大事なんだよね~ ソーダとトニックウォーターは僕はウィルキンソン一筋! 前に自分たちでやってたワインバーでもトニックウォーターはウィルキンソンだった。

ピノ・グリージョ THE SHADOW
それからアスパラのグリルの合せてイタリアのピノ・グリージョ。すっきりとした白ワイン。続いて『面影』という名のワイン、『THE SHADOW』のシラー。これは前に僕の経営する会社の若きエースが病で亡くなって仙台での葬儀から帰った夜にこのバーで教えてもらって以来ハマッてるワイン。シラーにしてはとっても暖かみというか柔らかさを感じる素敵なワイン。”人肌”っていう言葉が一番合うかな。とってもニューマンなシラー。このバーではグラスでいろいろなワインが開いてるのでとっても楽しい。

ハイハット ブルックリン マンハッタン食後はこの秋初めての洋ナシに合わせ、カクテルを依頼。ハイハットというカクテルを作ってくれた。レシピはコニャックとグレープフルーツらしい。アンズのような香りがしてとっても素敵なカクテル。洋ナシ、巨峰と最高の組合わせ。

これで終ればよかったんだけど、ここでまたブルックリンを頼んじゃった。これこそ最後の一杯。と思ったら、それまでずっと厨房にこもりっきりだったマスターがカウンターに出てきた。顔を見たらそのままは帰れない。最後の最後の締めは、大好きなクラシック・マンハッタン。ベースウィスキーはカナディアンクラブ。ベルモットはロタン・シャンベリー。どこまでもトラディショナルで”あの頃”の味わい。日本の高度成長期をそのまま再現したかのような素敵なマンハッタンを飲み店を後にした。

いや~、ヨッパライました。最後のカクテル3杯がきいたね~~ でも1週間頑張った自分へのご褒美に、楽しく美味しい夜でした。

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 週の終わりの自分解放タイム!.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/184

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年9月21日 00:41.

初めて飲むニューヨーク・ロングアイランドのワイン was the previous entry in this blog.

長女の吹奏楽デビューの日に飲むカレラ is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01