頑張った経営者の次のステップを祝して

| | コメント (0) | トラックバック (0)

同業の経営者で、僕と同じく新興市場に上場している会社を引っ張ってきた女性経営者が、ゆえあってその会社の経営の立場から退いた。彼女は僕より2つ若く、そして同じ大学の同窓。今夜はここまで頑張ってきた彼女のご苦労さん会と、そして彼女の次のスタートを期し、二人で飲んだ。場所はグレープチョイス

まずは歴史あるシャンパンシャノワーヌで乾杯! 何に乾杯かって、彼女の次の人生へ向けての乾杯! 実力もあり人間としても素敵な彼女、きっと次もまた面白いビジネスを創るんだと思う。

次いでグラスで一杯白ワイン。シャトー・メルシャンの『甲州 グリ・ド・グリ 2007』。日本古来のブドウである「甲州」を使って造られたワイン。甲州は果皮がやや灰色がかっていて、それゆえ、うまく造ると黄金色になる。このワインもかなりきれいな黄金色。まったりとしてトロピカルな感じもあり、素敵なワイン。日本のワインがすごく進化してきてることを体感するな~

このグレープチョイスでは毎年、シャトー・メルシャンの醸造長を招いてディナー会を開催したり、ワイナリーへのブドウの収穫体験に行くツアーを企画したり、シャトー・メルシャンの普及に力を入れてる。

ロング・シャドウ サッジメインのワインは、世界の著名なワインメーカ8人が米国・ワシントン州に集結し、それぞれが担当を決めてワインを造る『ロング・シャドウ』の中で、サンジョヴェーゼを主体に造られた『サッジ』。フクロウのマークが印象的。飲むのは7月の頭にグランドハイアットの鮨「六緑」で大先輩経営者と飲んで以来。

サンジョヴェーゼを主体にカベルネ・ソーヴィニヨン、シラー、バルベーラを使い、まさにワシントンの地で造るスーパートスカーナ! きれいな酸が特徴的。ベルベットのように滑らかな舌触りと芳醇なベリー系の香り。今夜の素敵な女性経営者、まさに彼女の印象そのもののようなワイン。メインディッシュを仔羊と鴨にしたんだけど、そのどちらともすごくよく合った。このワインの詳細は7月のブログにて!

飲むほどに二人とも饒舌になり、お互いのここまでの経営の苦労話やこれからの夢などを語った夜。同じ証券市場で同じ苦労を重ねてきた我々。彼女はここからまた別の道へトライするんだろうな~

今夜は僕もすごく刺激を受けた夜。同窓の後輩がまだまだ頑張ってる。日本のワイナリー、シャトー・メルシャンも頑張ってる。そして若くして独立してこのレストラン「グレープチョイス」を経営している河田さんも頑張ってる。僕も頑張らないと! ファイト!!

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 頑張った経営者の次のステップを祝して.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/156

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年8月16日 12:00.

摩天楼の下で飲むシャトー・セント・ジーンのメルロー was the previous entry in this blog.

男のビールはハードボイルドじゃなくっちゃ! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01