頑張った子会社の社長ファミリーとディナー

| | コメント (2) | トラックバック (0)

金曜日は前期頑張って収益貢献した子会社の社長のご家族を招いてのディナー。奥様と長女がいらっしゃった。場所は僕の行く限りの都内最高のフレンチ、『ロアラブッシュ 1999』。名手・中嶋料理長が造るフレンチは、爽やかで繊細で香しいフレンチ。ワインも繊細なブルゴーニュがいい。

ヴォーヌ・ロマネ ・エルミタージュ ニュイ・サン・ジョルジュ
まずはドミニク・ローランの造る『ヴォーヌ・ロマネ 1996年』からスタート。子会社の社長と僕が知り合った年、それが1996年。日本で最初のデジタル放送が開局する際にいろいろといっしょに血みどろになって仕事をした仲。その年のワインを開ける。何とも深~い気分。ちょっと枯れ始めた感じもある褐色がかったというかエンジ色というか、何とも艶っぽい色合いで飲む前から心を魅惑する。

続いては、ドミニク・ローランの造るヴォーヌ・ロマネがあまりに良く出来過ぎていたので選択に困り、ソムリエの吉田さんとも相談し、あえてフランスの本流、ボルドーやブルゴーニュを離れ、南仏・エルミタージュへと向かった。シラーから造るしっかりとした1997年のワイン。僕とその社長が知り合って2年目、デジタル衛星放送に関する大きなプロジェクトを抱えて頑張っていた年のワイン。お料理にちょうどカレー粉を隠し味に使ったものが出たので、それを考えてもブルゴーニュを続けずエルミタージュへ行ってよかったと思う。凝縮感も高く素晴らしいワイン。

最後にもう1本、名手、エマニュエル・ルジェの造る『ニュイ・サン・ジョルジュ 2004年』。若々しく躍動感あるフルーティーな味わいに心躍る。色も明るめで華がある。

子会社の社長は昨年1年、本当に事業に心血注いで頑張った。今夜はせめてもの慰労といういことで、奥様とお嬢様をお迎えしスペシャルディナーを開催したけど、会話も料理もワインもとっても楽しく盛り上がった夜だった。美味しい料理と美味しいワインは会話を弾ませる。素晴らしい夜だ~

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 頑張った子会社の社長ファミリーとディナー.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/129

2 コメント

Oyama said:

懐かしいワインですね、僕が大事にストックしていたアイテムばかり!
美味しそうです・・・(笑)

Keiichiro Katayama said:

さすが、1999は素晴らしかったです。中島シェフには末長く1999を頑張って欲しいな~

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年7月13日 11:49.

『かんだ』はやっぱりすごかった~ was the previous entry in this blog.

土曜の夜、まずは食前酒に珍しい白ワイン! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01