樹齢100年超の古樹から造るワインは旨いの一言!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デュペレ・バレラ シャトー・ヌフ・デュ・パプ
土曜の夜は、南仏で夫婦で造る小さなドメーヌ、『デュペレ・バレラ』のワイン。先日紹介した電気をまったく使わずにエコロジカルに造る『ノワット』をはじめ、いろいろなチャレンジをしている。今夜のワインはなんと樹齢100年超の古樹から造ったシャトーヌフ・デュ・パプ

今夜のワインは日本語ではうまく表現出来ません。ただただ『旨い!』の一言です!! 最近飲んだワインの中ではダントツに解り易い旨さ。ただ単に「旨い!」の一言で語れるワイン。

というか、解説はいらないワイン。このワインに僕ごときが論評したらローラン・バレラとエマニュエル・デュペレのご夫婦に申し訳ない。僕に限らず、評論家の論評は不要! ただただ美味しい~ 南仏の太陽をさんさんと浴びて熟した果実の旨味、ドライフルーツのような凝縮感、喉を通る瞬間にどこかに引き込まれてしまうかのような深み、どれをとってもすご過ぎる!

今夜はローラン・バレラとエマニュエル・デュペレの造る極上のヌフ・デュ・パプにただただ酔わせていただきました。

ちなみは今日、我が家に4台目のセラーが届いた。ワインセラーに場所を取り過ぎて家族にも不評ゆえ、今回は寝室のベッドの脇に置いた。物は3台目と同じサイレント・カーヴ。このワインセラーはすごい! 通常のワインセラーは冷蔵庫と同様、コンプレッサを使うためどうしても振動があり、これが長期熟成をさせるにはワインを痛める。サイレント・カーヴはアンモニアをパネルに閉じ込め、その気化熱で冷やすというウルトラCを用い、振動ゼロでワインを静かに見守ってくれる。長期熟成には最適なセラー。今夜のデュペレ・バレラの素晴らしいシャトーヌフ・デュ・パプはもう1本ある。これはこのサイレント・カーヴでしばらく長期熟成をしよう~っと!

「旨い」の一言の素晴らしいワインに出会った夜でした~

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 樹齢100年超の古樹から造るワインは旨いの一言!.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/124

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年7月 6日 11:53.

大先輩と飲むワシントン州のスーパートスカーナ was the previous entry in this blog.

ルビコン川を渡る夜 is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01