ペトリュスのクローンから造られる『ジオリス(GEORIS)』

| | コメント (1) | トラックバック (0)

連休2日目は大きな予定も組まず、のびのびと過ごす。夜は珍しいワインを開けた。

ヴィノスやまざきというワインのインポーターで、かつショップをやっているところがある。僕は渋谷の西武百貨店で見つけた。本店は静岡で、つい先週、僕の地元近く、自由が丘にも店を出したそうだ。チラシによれば、自由が丘は1階がワインショップ、2階はそのショップからワインを持ち込めるレストランらしい。行ってみたいな~~

ジオリス先日このショップを訪れた際に店のスタッフから薦められ、ここが直輸入するカリフォルニアはモントレー地区、カーメルヴァレーのワイン『ジオリス(GEORIS)』を1本買ってみた。今夜はこれを飲んだ。

このワイナリー、立ち上げの詳細はよく解らないけど、ともかくボルドーはポムロールの銘酒・ペトリュスから苗木の株を分けてもらい、クローンをカリフォルニアの地で育てたらしい。樹齢24年とのこと。

開けてみてテイスティング! ちょっと温度が低過ぎた事もあり、デキャンタージュしてみることにした。開栓直後だからとは思うけど、やや酸がきつく思えたので、あえてボルドー系のグラスではなく、最近ハマってるリーデルのオレゴン・ピノのグラスを使った。このグラスはほんと、刺激成分を和らげワイン本来の味わいを表現する。

香りを嗅いだ瞬間から、深~いボルドーの香り。深い森の奥の草木の香りやミント、ユーカリのようなハーブ的な香りもして、香りだけだったら絶対に北米とは当らない。間違いなくボルドー右岸のワインと言うであろう深い香りがする。

味わいは、そこまでディープではなく、タンニンの渋味、樽から出る渋味など、苦み成分は軽く、重そうな香りはするんだけど実は全体に柔らかい。その分、ごく軽くだけどボルドーっぽくない酸が少しだけ表に出る。でもやっぱり香りはポムロールなんだよね~ 細身で艶のある女優っていうような感覚かな。中々魅力的なワイン。

このワイン、GEORIS のトップキュベではなく、セカンド。トップキュベはどんななんだろうね。このワインにしても、出来ればもう5年くらい寝かせてみたかったな~

気候も土壌もまったく違う地でスーパーボルドーに臨むウォルター・ジオリス氏。氏の今後に期待して乾杯~!

PS. 先日、グラッパの第一人者、ロマーノ・レビー爺さんが亡くなったそうです。彼の手書きのエチケットはもう造られないと思うと哀しいな~ 彼のグラッパを飲んでグラッパに対する考えが変わったくらい、彼のグラッパはニューマンで暖かみのあるグラッパだった。レビー爺さんに追悼の意を表します・・・

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: ペトリュスのクローンから造られる『ジオリス(GEORIS)』.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/88

1 コメント

abacycrumma said:

流行や人気モデルの最新情報など、憧れのブランド全部満載しております。

人気新作ブランドコピー財布、腕時計、雑貨、小物商店\r\n日本的な人気と信頼を得ています。激安、安心、安全にお届けします
人気の売れ筋商品を多数取り揃えております。
全て激安特価でご提供.お願いします.
★100%品質保証!満足保障!リピーター率100%!
★商品数も大幅に増え、品質も大自信です。
★スタイルが多い、品質がよい、価格が低い!
★顧客は至上 誠実 信用。
★歓迎光臨
★送料無料(日本全国)
https://www.gmt78.com/product/detail/5347.htm

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年5月 4日 23:03.

『アバスク』で飲むバスク地方のワイン was the previous entry in this blog.

今夜はディープにカンヌ沖合いのワインで~ is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01