大仕事を終えた週末、生まれて初めて飲む
プティ・ヴェルド 100%のワイン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今週はヘビーな1週間だった。木曜日は年に一度の決算発表! 中々厳しい内容もある中、なんとか乗り切った~ 発表を終え、連日深夜まで発表準備をした管理部門のメンバーと『グレープチョイス』にてワシントン州で南仏・ローヌ品種だけを手掛ける珍しいワイナリー、マックレイの白、赤をメインに全部で4本のワインを飲んでヘベレケに打ち上げた!

アラヤン プティ・ヴェルドさて、大仕事を終えた週末、土曜の夜は珍しいワインを飲んだ。スペイン内陸部、世界遺産の町・トレド近郊のメントリダという小さな街で造られる『アラヤン』というワイナリーのプティ・ヴェルド種を使ったワイン。プティ・ヴェルドはボルドーのワインではスパイス的にわずかに混ぜる補助品種。このプティ・ヴェルドを主体としたワインはかなり珍しい。今までに僕が飲んだ中では、前に紹介したカリフォルニアの VIADER がプティ・ヴェルドをメインした『V』というワインをリリースしてるけど、これとてプティ・ヴェルド 100%ではない。今夜の『アラヤン』のプティ・ヴェルドは、同社のホームページを見ると、まぎれもなくプティ・ヴェルド 100%。元々はシラー種を使ったワインが有名で、いまでは世界各地の著名なレストランにシラーはリストされたりしてるらしい。

飲んだ瞬間、かなり南仏~ グルナッシュを使ったワインにかなり近い感じ。果実味は豊かで凝縮感があり、軽いスパイシーさもある。とてもふくよかなボディー。VIADERの『V』に近い香りもすると言えばするけど、『V』はカベルネ・ソービニヨンやメルローを混ぜてる分、昨今ボルドーでロバート・パーカーとかの評論家ウケを狙ったかのような濃厚なスタイルのボルドーワインに近い感じ。たぶんプティ・ヴェルドの比率が上がると濃厚になるんだろうね。対してこちら『アラヤン』はジゴンダスとか、南仏の中でも南部のワインに近い感じ。『V』よりもっとディープかな~

ピエダン・グロアウォッシュタイプのチーズ『ピエダン・グロア』と合わせて飲んだ。チーズの塩気と牛乳の甘み、これらと合わさって素晴らしい空間を創り出した。VIADER の『V』も大好きなワインで1998年~2001年のヴィンテージを結構な本数をストックしているけど、今夜の『アラヤン』はプティ・ヴェルドが 100%のせいか、南の暑い地域で太陽の日差しをさんさんと浴びて育ったブドウの感じが香りや味わいからも感じられる。素晴らしいワイン!

ネットで調べて見ると、スペインでは内陸部のこの暑い地域でプティ・ヴェルド 100%のワインを造ってるワイナリーが数軒あるらしい。でも日本にはほとんど入ってきてない。なんでもこのプティ・ヴェルド、育てるのがかなり難しい品種らしく、ボルドー地区でも「完熟するのは10年に一度」と書かれてた。このスペインの内陸部の地はボルドーに比べればずっと暑い地域。その気候のせいもあってプティ・ヴェルドがこの地ではよく育つのかな? 前に紹介したスペインワインの専門書でも、ラ・マンチャの中でもこのメントリダという地区はとても小さな地区で、ほとんど地元で飲まれていて輸出もされてないように書かれてた。この『アラヤン』って、新興勢力かな~ そしてシラーで成功した次に選んだブドウがプティ・ヴェルドというのが何ともまたチャレンジャー! 楽天でも『アラヤン』のシラーは売ってるけどプティ・ヴェルドは出てこない。たまたま蒲田のワインショップで見つけたんだけど、何とも貴重なワインに出会えた!

ビジネスの世界でもさ、常に脇役、No.2 的な人が、あるフィールドに立った瞬間に突然主役に躍り出ることってあるよね! 今夜のプティ・ヴェルドはまさにそんな感じ。ボルドーでは味付け程度に入れる補助品種なれど、カリフォルニアの地ではデリア・ヴィアディアさんが『V』としてプティ・ヴェルド主体のワインを造ってるし、スペインではこの品種 100%のワインを造るワイナリーがある。すごいな~ 大仕事で疲弊した脳みそを素晴らしいワインで癒した夜・・・

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: 大仕事を終えた週末、生まれて初めて飲む
プティ・ヴェルド 100%のワイン
.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/93

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年5月18日 12:12.

CH.ラフィット・ロートシルトがポルトガルで造るドン・マルティーニョ was the previous entry in this blog.

食後酒はミッシェル・クーブレイの造る至福のシェリー! is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01