スペインの風、『パゴ・デ・ロス・カペジャーネス』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このところ、どうもスペインが若干のマイブームって感じ。先週の金曜日に仙台のワインバーでスペイン・プリオラートのワインを飲み、昨日(月曜日)グレープチョイスルエダの白ワインを飲み、何か気になるんだよね~

パゴ・デ・ロス・カペジャーネスで、今夜はリオハに対抗する銘醸地として世界中に話題を馳せているリベラ・デル・ドゥエロのワイン『パゴ・デ・ロス・カペジャーネス 2002』。超高価なカルトワイン『ヴェガ・シシリア』などを産む銘醸地。今夜のこのワインは裏面のラベルによればティント・フィノ(テンプラニーリョ)が 90%、カベルネ・ソービニョンが 10%。

さてこのワイン、もっとテンプラニーリョのスパイシーさや凝縮感が出るかと思ったけど、予想に反してかなりスムースなワイン。渋味も少なくやや酸が強め。老成したシラー系の雰囲気すらある。

グラスに対してかなり敏感だった。最初、リーデル社のヴィノムエクストリームの カベルネ/メルロで飲んでたんだけど、どうも酸が立った感じで気になる。そこで、「どんなワインでも香り立たせる!」とか雑誌で書かれて最近話題の同社のオレゴンピノのグラスを使ってみた。そしたら摩訶不思議~~ 酸が落ち着いてブドウらしい果実味も表に出てきた。

スペインは元々、地場の土着ブドウであるテンプラニーリョ(ティント・フィノ)やガルナッチャ(南仏で言うグルナッシュ)を使ったワインが主体なんだけど、このリベラ・デル・ドゥエロではカベルネ・ソービニョンなどのボルドー品種の栽培も盛んで、これらをティント・フィノに混ぜて複雑味を出しているワインが多い。

世界各地、ほんとにいろいろなブドウがあり、いろいろな個性がある。これがワインで世界一周する醍醐味! ”ワイン気狂い道”は止まらない~~~(困ったにゃあ・・)

0 TrackBacks

Listed below are links to blogs that reference this entry: スペインの風、『パゴ・デ・ロス・カペジャーネス』.

TrackBack URL for this entry: http://www.heartnotemusic.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/84

コメントを残す

About this Entry

This page contains a single entry by Keiichiro Katayama published on 2008年4月30日 00:26.

スペイン・ルエダから南仏の古酒へそして締めは『懐かしのナポリタン』! was the previous entry in this blog.

親を超えてもらうために飲むワイン is the next entry in this blog.

Find recent content on the main index or look in the archives to find all content.

Powered by Movable Type 4.01