〜 1994年の僕の写真館 〜
その昔、僕は写真が大好きだった。それもオートフォーカスのカメラではなく、機械式シャッターのマニュアルフォーカスのカメラを使っていた。

機械式シャッターのマニュアルカメラはすごい。基本的に撮影する事に電池は使わないから、”電池が切れたら...”なんて心配もないし、電池性能が落ちる氷点下の雪山とかでも問題ない。僕の使っていたカメラは、唯一、露出計のためだけに電池を搭載してたけど、仮に電池が切れても自分で判断して露出を設定すればいいだけ。もちろんストロボもマニュアル。

カメラはリコーのXR-8 Superという機種。これに名門カールツァイス社のテッサー(Tessar)という45mm F2.8 の銘機を模倣したレンズを付けて使っていた。ちなみにこの模倣のレンズ、最後まで本当の確証は取れなかったけど、製造元はカールツァイス社の下請けをしているらしき富岡工業製との噂が絶えなかった。本家カールツァイス社のテッサーに比べて1/10程度の価格で入手出来た。今も手元にあるけど色表現性に優れた素晴らしいレンズ。以下の写真はすべてこのカメラとレンズで撮影されたもの。

1994年に6つ切りの紙焼きから当時のスキャナーでスキャンした画像ゆえ、かなり画質は悪いけど、自分の写真に打ち込んでいた時期の記念碑です。何枚かの写真は誰かが額に入れて会社の会議室に飾ってくれてる。嬉しいなあ〜 まだこのカメラは手元にあるので、いつの日かまた再開したと思ってます。今の時代にマニュアルカメラってのも中々お洒落な感じだし〜
USA on my mind
古き時代の輝き
HeartNoteのCD「Dear Mr. West Coast」の ジャケットに使われています
太陽の恵み 時間の止まっている風景
輝いた季節 黄昏を歩く 心の窓 〜遠い記憶〜
HeartNoteのCD「I'm Glad There Is You」の ジャケットに使われています
Animals
自然の力 〜自 由〜 僕の視 はじめまして
etc
夏の太陽 秋 色 夜のスケッチ